すぬぺ自由帳

気がついたらどこかにいるやつ。

最近の案件一式(1)

エントリにするには内容の薄くなりそうなものをまとめて供養します。まさにjamです。

①2019.12.15 安野希世乃2nd LIVEツアー2019「○。」大阪公演(オリックス劇場)

f:id:pancake_MP:20190107222654j:plain

(写真は前回の使い回し)

昨年同様12月半ば(15日)開催であった。これまた昨年同様であったがカレーが熱いという話になる。前日入りしていたバントメンバーは昨日夜のうちに人気店で食することができたが、当人は叶わず他店の出前かテイクアウトになったと記憶している。今回カバーはほぼなく、オリジナル中心の構成で3時間休憩なしとかなり飛ばしていた。

 

②2020.1.13 石原夏織1st LIVE TOUR「Face to FACE」大阪公演(NHK大阪ホール)

f:id:pancake_MP:20200124005635j:image

NHK大阪ホールコールサイン(JOBK)からBKホールと呼ぶことも。1階では放送を流しているので相撲や高校野球の時期にイベントが被ると暇つぶしになるかもしれない。逆に国会中継とかやってると厳しい。特に待機場所はないがエスカレーター周辺で列形成を行う。
f:id:pancake_MP:20200124005640j:image

思ったより女性比が高いという第一印象で始まったキャリさんの大阪。長年なつまちの谷川柑奈アイコンしといていうのもアレだが7年越しの単独初参加となった(フェス系を含むとアニマ2018横浜ぶり)。

2時間少しのなかで着替えは最低3回と多く、幕間は(番組企画でスープラの助手席に乗せられ悲鳴上げてた数日後に)富士急ハイランドに連れていかれ、ジェットコースターに乗せられるも半分くらい顔面事務所NGになったりする映像、Face to FACEのオフショット、ダンス映像が流れていた。

本題の中身だが、曲はほぼ知らんという状態なので印象ベースで話を進めると、どっから声でてんねんというほどに華奢なのにパワフルという感じ。ダンスもキレッキレでひっくり返った。楽曲も元アース・スター・ドリーム(ESD)高尾奏音の兄奏之介からLINEをやらない👏俊龍で有名な俊龍まで。前者は「CREATION×CREATION」、後者はゆいかおりのころから「Magic starter」、最新sgでもポヘラ・ホリカ以外の楽曲提供を行っている。楽曲を入り口にしても沼の深いアーティストではないか。CREATION×CREATION,Orange Note,enpathy,Taste of Marmaladeが個人的にはおすすめ。
f:id:pancake_MP:20200124005626j:image

開演前でも電波は遮断されているので扉付近かロビーまで出る必要がある。
f:id:pancake_MP:20200124005638j:image

大阪城の脇にあるので北詰から/まで歩くと途中にこんなところがある(大手前のとこだったはず) 。JRであれば最寄りは森ノ宮から1kmほど。

 

Perfume 8th Tour 2020“P Cubed” in Dome 大阪公演1日目(京セラドーム)

f:id:pancake_MP:20200202070306j:image

異文化理解を目的に参戦したperfumeドームツアー。オリックス・バファローズもびっくりの人出である。

今までであれば西武ドームが参加最大の箱であったがそれを更新し、さらには上段最後列を引き当てる運のなさを見せる。小指の先っちょくらいの大きさだったが見切れじゃないだけマシと割り切ろう。

まだツアーを残しているので踏み込んだことは書けないが、演出と舞台装置がガチすぎて理解を超越した何か概念として存在する状態にある。要するに一度見ただけでは完全に理解することができない。規制退場となる可能性が高いので開演までに確認するようにするほか、終電を気にする必要のある人は注意を要する。

f:id:pancake_MP:20200202070303j:image

納め (12/28,29)

2019イベ納めはよぴちゃれ忘年会。バイトは納まらず昼に切り上げてから伊丹空港へ向かった。セキュリティチェックがえらく混んでいるかと思ったがそうでもなく、スマートレーンの流れのよさが本領発揮。年末ということもあって満席だった。

f:id:pancake_MP:20191229234934j:image

2019飛び納めはJA137A。見える人工島はセントレア。ドアクローズが出発+10分ぐらいしていたのでもう少し遅れると見ていたが若干回復したぐらいの時間で着陸した。めでたし。安くなった京急で品川を経由して渋谷まで。エア急が都営車(5300)だったので急がずそっちで行こうと思ったが、快特にも都営車(5500)がきてしまったのでそちらに乗る。見た目(色味)が某Vtuberに似てると出た頃には言われたが、すっかりそんな話もきかなくなった。
f:id:pancake_MP:20191229234929j:image

銀座線では渋谷のホームを移設するため年末年始を使って一部区間が運転見合わせ。溜池山王に折返設備があるため浅草方面をそこで折返。他線接続のない外苑前は表参道〜青山一丁目の上下線に各1編成を封じ込めて単線並列で運行、逆走方向は回送扱いとなるようである。赤坂見附まで走らせないのは外苑前を救済するのが主目的であるため運転区間は最小限で十分、単線並列の区間を延ばすと運行間隔も不必要に開くからとも考えられる。
f:id:pancake_MP:20191229234937j:image

塞がれた改札口と案内の警備員。
f:id:pancake_MP:20191229234925j:image

スクランブルスクエアとヒカリエの間(?)ではリアタイで工事進捗を見ることができた。

人しかいない渋谷のスラムをかきわけること10分弱でLOFT9Shibuyaに到着。時期も時期なので忘年会。

pancake-mp.hatenablog.com

3次会ののち新宿で宿泊。サブナードが閉まっておりスラムを歩く羽目になったが、最短距離で済ますことに成功した。限界旅行者がやりがちな歌舞伎町の快活に泊まることになったが、ソフトクリームは2階、ジュース(自販機を含む)は2,5,8階に設置と何もないフロアに当たるときつい仕様だった。

f:id:pancake_MP:20200106183648j:image

六本木で待ち合わせだったので大江戸線で向かう。手前が青山一丁目なのでここでも「納め」をした。都営線で行くと早いが若干高くつく。歌舞伎町から大江戸線の新宿まで遠すぎて迷いそうになったのはここだけの話(新線新宿方面に歩いたらなんとかなった)。

この日の目的は六本木ヒルズで開催中の『特別展 天空ノ鉄道物語』。こういうのに全く関心のない友人から「こういうの好きでしょ」とお誘いを受けたので音声ガイド役も兼ねていくことに。ペースは向こうに合わせたのでゆっくり進むも写真は少なめ。
f:id:pancake_MP:20200106183653j:image

民営化時の各社HM.するがシャトルに時代を感じる。
f:id:pancake_MP:20200106183645j:image

さよならHM各種。夕張支線は下記事参照。案外サイズがまちまちだったりする。

pancake-mp.hatenablog.com

内周・外周でおおきくわかれており、先に内周から見ていくことになる。入場券といっしょに硬券をくれるので、ダッチングマシンにそれを通すのが最初の展示になる。

外周からはスカイツリー・東京タワー・案外広い青山霊園など、空気が澄んでいれば富士山も見えそう。真昼間に行くよりかは夜間にいくのがここはおすすめ。
f:id:pancake_MP:20200106184316j:image

昼は六本木ヒルズの根元で食事。ハンバーガー・焼肉・インドカレーで迷ったがカレーになった。1080円でナン(ライスも?)おかわり自由なので東京(六本木)物価を覚悟した割にはお得感が高い。「カレーライス」の甘口は辛くないだけなのに「カレー」の甘口はしっかり甘みがあるのはなぜだろうか。
f:id:pancake_MP:20200106183711j:image

帰りは年末ということもあってこだまで帰る。EX予約のポイントがいい感じにあったのでグリーン車にしたが満席。しかし最後まで横に座ってこなかったので調整席だった可能性。のぞみ停車駅と熱海以外すべてで退避し、だいたい停車時間が長いのでその時間を利用した食料調達も余裕でできる。新大阪までは4時間弱、浜松ぐらいから空席が増えてきた感じだった。

 

【乗車録】

  →摂津本山(普通/高槻) クモハ207-1049

岡本→十三(特急/梅田) 1664

十三→蛍池(普通/雲雀丘花屋敷)  9569

蛍池→大阪空港(大阪空港ゆき) 2616

ITM→HND(NH30) JA137A

羽田AP国内線T→品川(快特/青砥) 5501-6

品川→渋谷(山手線/外回り) モハE235-102

渋谷→新宿(山手線/池袋) モハE235-???

新宿→青山一丁目(大江戸線/大門方面) 12-727

青山一丁目→六本木(大江戸線/清澄白河) 12-077

六本木→霞ヶ関(日比谷線/北千住) 13???

霞ヶ関→東京(丸ノ内線/池袋) ???

東京→新大阪(こだま669号/新大阪) 775-2009

新大阪→  (快速/網干) サハ223-2201

Hang jam Vol.4 (1/23)

この日はMay'nのアコースティックライブがあるというのをキャリさんのライブでもらったフライヤーで知ったので急遽参加。西梅田ビルボードライブだが、昔はブルーノートだったので40前後からそれ以上の世代であればすぐピンとこないかもしれない。どちらも阪神電鉄系の企業が運営している。

オタクの行きがちなライブハウス(Zeppとか)と比べると高級感がある(敷居が高い)とされるが、指定がなければ特段ドレスコードはない。しかし、シャツ1短パンで行こうものなら間違いなく雰囲気からして浮くので、襟付きシャツ+Gパンにスニーカーくらいは最低限用意したいところ。

席種は自由席と接客のつかないカジュアル(指定)がメイン。カジュアルのほうが1D付いて1000円安い価格設定となっていた。

f:id:pancake_MP:20200124005623j:imageライ部は「KICK IT UP!!」の札幌以来半年強ぶり。なんというか「近くに来てることだしちょっと聴きに行くか」というポジションになりつつある。
f:id:pancake_MP:20200124005632j:image

コラボメニュー(オリジナルカクテル)のメロンフロート、ノンアルが¥1250、アルコール入は¥1350。ドリチケ+差額の支払いも可能だった。事前にはサービスエリア(カジュアル以外)のみの取り扱いと案内がされていたが、カジュアルエリアのバーカウンターでも販売されていた(給仕さんが持ってくる)。
f:id:pancake_MP:20200124005621j:image

メロンフロートは食べ物と認識したのでカシオレ(¥800)とチョコ(¥650)をボリボリ食べることになった。舞浜のネズミさんも驚きの価格設定である。チョコはイチゴ味のコーティングの内側にピーナツ、でっかいチョコは中にドロッとした液体を感じたのでバッカスのようなやつなのだろう。

グランドピアノ、バイオリン、ベースのシンプルなバンドにボーカルの構成。いつも「ライオン」をいにしえのアニソンみたいな解釈をしてしまうのであの曲が出たのが2008年という感覚もなければ当人がまだ30歳という感覚もない。スピカから始まるが、原曲がアコースティックに寄っているもの、そうでないものもいい感じにリメイクされていて後から聴いてみてうまいこと調整したなあと感心する。カタツムリは弾き語り、リクエスト枠が2曲あってHeart&Soulが〆だった。最後の曲は舞台を右へ左へ行くのでピアノは鍵盤ハーモニカに変わっていた。ちなみにピアニカは東海楽器製造ヤマハの商標である。

リクエストはMay'n名義、May'n verのあるもの、シェリル・ノーム starring May'nに限られることに注意が必要。Wake Up,May'nで例えればハートライン(YELL!!に収録)とOne In A Billion(「PEACE of SMILE」Selectionに収録)は可能だが、王様のカデンツァはMay'n Verが存在しないため不可となる(WUGverはMEMORIALのDisc7に収録)。もっと曲を漁りたいところ。