すぬぺ自由帳

気がついたらどこかにいるやつ。

戦車道再履修 (6/24)

土日と調査目的で出かけていたのでそれのレポートを上げるのとこっちのほうにも原稿を落とさないとで大変。余裕があったら引越の荷造りとかやりたかったけどどう考えても今日は無理そう。フリーパス最終日の原稿もさっぱりできていない。

 

朝起きてトイレをしていたら地震がくるそんな朝。朝食はホテルを出てすぐのルノアールにした。

相変わらず殻をめくるのが下手。普段やらないから仕方ない。

10:30ごろ窓口で札幌までの「パシフィック・ストーリー」を買う。船の予約をしているか、乗船日を聞かれるだけでこの段階では予約番号などは必要なし。

f:id:pancake_MP:20190627210802j:image

乗船日は6/24だが、東京から大洗は前日から有効なので水戸や大洗に前泊するという使い方も可能。なお、大洗フェリーターミナルを経由しない便では大洗派出所入口まで乗車可。また、札幌からウトロ(知床)までの高速バス割引券がオマケでついてくる。

バスは10:50に東京駅を出てすぐ宝町から高速に入った。首都高区間JCTの近くで渋滞が起きていた。

どうしてかわからないがその日付は身構える。

常磐道へ入ってからは順調に時速100キロほどで飛ばし続け水戸北SICから一般道へ。水戸駅北口までは2時間弱だった。券は切り離して乗務員へ。また、南口でも降車可。

声グラ買いに水戸のメイト行ったら横にゲーセンあってみて回ってたらコウペンちゃん見つけて適当に獲ったるか~ってやりだしたら案外あっさり獲れて相棒が増える。水戸のメイトなんて4年くらい前に一度行ったきりなのによく地図も見ずに行けたなと思う。

水戸を13:30に出るバスで大洗派出所入口までは30分ほど。整理券といっしょに切り離した当該券片を運転手に渡す。

f:id:pancake_MP:20190627213125j:image
f:id:pancake_MP:20190627213139j:image

バスの後ろのほうはガルパン一色(前のほうは見てないのでわからない)。
f:id:pancake_MP:20190627213118j:image

サッカー界の土屋鉄平こと水戸ホーリーホック(誤植部門)

派出所入口のバス停はみつだんごの店の少し肴屋本店側。ここから散策を始める。劇場版が公開されたころは最寄りが立川で所沢から玉川上水まで西武に乗ってそこからモノレール代を浮かして歩いていたころを思い出す。極上爆音に通ったのも、観にいったすぐの週末に大洗へ飛んだのもいい想い出。

f:id:pancake_MP:20190715212103j:image

突っ込まれることで有名な肴屋本店。
f:id:pancake_MP:20190627213144j:image

マグネットアートで有名(だと思う)、年宝菓子店。

ほか、信金や肉店、知らぬ間にできていたカプセルホテル、釣具店、酒屋などを見ながら東のほうへ。時間があったら回るつもりで写真を撮ってなかったけど時間はなかった。

f:id:pancake_MP:20190627213135j:image

劇場版だとⅣ号で石段を下る神社の参道。
f:id:pancake_MP:20190627213132j:image

干潮だったのかやたら潮が低い一方で波は少し高め。
f:id:pancake_MP:20190627213147j:image

KV-2の流れ弾がシーサイドホテルにいっちゃったりするところ。もう少し奥。
f:id:pancake_MP:20190627213115j:image

大洗でも防潮堤や陸閘の類の工事が進む。そろそろおやつ時というのに昼をたべていなかったのでめんたいパークへ寄ってみることにした。
f:id:pancake_MP:20190627213129j:image

明太子のおにぎり。ほどよい辛みと食べ応えのある量で、具もしっかり入っていてお値段以上。保管の都合で特に買って帰らなかったが三田にあるので買いに行くならそっちか。
f:id:pancake_MP:20190627213111j:image

次に向かったのは潮騒の湯。めんたいパークからだと歩いて40分はかかったような記憶があるので車輪が複数ある乗物を使うほうがよい(バスとかチャリとか自家用車とか)。場所も見えてるけど道路から一本入ったりするのでちょっとややこしめ。平日は800円+タオル代でpaypayが使えたが、フェイスタオルを買うと280円した計算なのでコレクションとかしていない限りはレンタルなり持参するなりしたほうがよさそう。シャンプー付きで露天風呂とバイブラと炭酸泉で化石海水を使うためしょっぱいらしい。なお、入浴中に防災無線で呼び出されることはなかった。

f:id:pancake_MP:20190627213121j:image

街中(初めて来るエリア)。秋山殿って床屋のおうちでしたね。

f:id:pancake_MP:20190627213108j:image

ココストアがファミマになっててびっくりしたが中身は変わってなくて安心。ATMで下ろせたのは助かった。ちゃんと配置すればOARAIになるはずがAARIOになっている。アーリオオーリオかな。

この後、大久保酒店と飯岡屋水産で酒とアテを買ってからフェリーターミナルへ。到着したのは17:30すぎとちょうどいい時間だった。

f:id:pancake_MP:20190628092256j:image

フェリーターミナルはこのゲートが目印。めんたいパークとマリンタワーの中間くらいにある。

 

【乗車録】

東京駅→水戸駅北口(関東鉄道バス[みと号]茨大前経由 水戸駅南口) 水戸200か・787(1937MT)

水戸駅北口→大洗派出所入口(茨城交通[50]那珂湊駅) 水戸200か11-76

都会のオアシスをさがして (6/23)

きょうマイラジ放送じゃんと思っていたら収録日の記事公開です。昼(マリスタ)のみ当たったので当の公録は行っていませんが。一般枠が終わったタイミングで投下です。

 

朝5時ごろ、佐野SAにて目が覚める。昨夜の案内通りに着いていて謎の感動。2度の乗務員休憩は紫波と国見で行われていたようだ。早く寝た割には車内が暑かったのか目覚めは微妙。

f:id:pancake_MP:20190627164554j:image

10分に発車し浦和を47分に通過、6:13に銀座から一般道へ降りた。浜松町には6:22とかなり早く到着した。

だいたい財布の中を少なくしてなんてろpayとかで済ましがちだけど使えない場所ばっかり行って気がつけば1000円しかないという23日の早朝。

f:id:pancake_MP:20190627164818j:image

日曜朝6:30にやっているわけがなかった(大門駅)。

マクドで腹ごしらえして昼まで暇なので適当に徒歩で移動する。

f:id:pancake_MP:20190627164811j:image

増上寺。奥に見えるのは東京タワー。単体で見るよりは新幹線の中からビルの隙間を覗くようにみるのがすき。

赤羽橋、麻布十番と進んでおそらく六本木ヒルズ付近。

道なりに進み続け国立新美術館、乃木坂を過ぎて少しすると到着。浜松町から歩いてだいたい50分と案外近かった。

青山(東京)といえばこれみたいな感じになっている。公園の隣にカナダ大使館がある関係(G20絡み)で見慣れない車が止まっていた。向かい側に御用地がある関係で普段から警察官の数は多いが、車両の巡回も含め普段より圧倒的によく見かけた。8:30ごろスタバに入って休憩。

品番はAPMZ-2738
f:id:pancake_MP:20190627164815j:image

デーゲームだったので9:30ごろとはいえそれなりに人は多かった。
f:id:pancake_MP:20190627164800j:image

新国立競技場。ザハ案だ何だ言われてた記憶しかないけどもう来年。申込とかしてない。

次にバッティングセンターへ開店凸。打つほうは相変わらず微妙(ソフトボールに慣れて当たらない)。

投げるほうはノーコン。高校の頃は元野球部の練習に付き合ってた程度だったのでそんなものかもしれない(野球部は当時なく(休部)、復活したらスポニチで記事になったほど)。

これまた特定班により発見されたあの神社(8月の真ん中になるとニュースで名前が出るところ)へ行くべく市ヶ谷まで電車移動。

なんか棒が生えていたのと青々としている。

前の道をずーっと進んで神保町界隈へ。鉄道誌の聖地とも呼ばれる書泉グランデが目に入ったので少し覗いていった。研究に使えそうなのもあったが荷物が増えるのを嫌って見送り。同じ並びに蘭州牛肉面の店があったので入ってみることにした。
f:id:pancake_MP:20190627164745j:image

パクチーとラー油の量は少なめ/抜きも可。パクチーは問題なかったけどラー油は少なくしてもけっこう辛かった。
f:id:pancake_MP:20190627164749j:image

開場10分前に会場(全電通ホール)着。思ったより女性ばっかりで謎のアウェイ感。

ザックリフェスの詳細については昼のみ参加で別稿に纏めるボリュームもないのでここで簡単にまとめる。中島ヨシキのザックリエイトと兄妹番組(マリスタ・マイラジ)の合同イベント。昼はマリスタの公録で、海中生物を創作したり英語教室をやったり(曖昧)。右のやべーやつ(青山吉能)とやべーやつ(天海由梨奈)の謎の大卒マウントの取り合いとか基本的にツッコミどころしかない。というかずっと笑ってて覚えていない。

時間も押し押しで2時間を超えたぐらいで終了。荷物を置きに新御茶ノ水から東京駅まで歩いて30分ほど。チェックインしてシャワー浴びて一休みして近くのHUBへ行った。
f:id:pancake_MP:20190627164752j:image

カルーアミルクとフィッシュアンドチップスで軽く腹ごしらえをして夜の部終わりと合流するべく再び戻る。会場からほど近いかやたんのゆめにっきに登場した四川料理へ。
f:id:pancake_MP:20190627164757j:image

噂の激辛マーボー。普通のと激辛を注文したが、増しの辛みは唐辛子とのことなので普通のほうが山椒の味が強く辛く感じる人もいた。なお、翌日腹を壊す人多数(ほぼ全員)。
f:id:pancake_MP:20190627164807j:image

こちらは普通の炒め物。肉の食感もしっかりしていておいしかった。

御茶ノ水で解散したあとアキヨド屋上のバッティングセンターに行こうという話になり一駅歩いたが22時までで終わっていたことに現地で気付く(22:20ごろ)。ここで解散して電車に乗るほど急いでもいなかったので東京まで歩いて帰った。
f:id:pancake_MP:20190627164804j:image

三越前。こんなところがあるのはしらなかった。

即落ち2コマ。

あまくてしゅわしゅわしているのがだいすきです♡

 

【乗車録】

信濃町→市ヶ谷(各停/津田沼) モハE231-568

青森再々履修 (6/22)

きょうは豊富温泉に行ってきたので体が石油臭いです。留学休職ゆえガソリンスタンドを思い出して労働意欲がなぜか湧くのですがいかがお過ごしでしょうか。現在地は数日ぶりの札幌です。

 

起きたのは5:36と入港予定(5:50)にちょうどいい時間。しかし思ったより遠い場所を航行していて着岸は5分少々遅れた。三宮から小豆島を寄ったり寄らなかったりして高松へゆくあの船ほどインパクトのある音楽と音量ではないが音楽は流れた。f:id:pancake_MP:20190626110302j:image

最寄りの新田バス停までは徒歩15分ほど。陸橋を渡らず側道に入って下で交差している信号を左折して道なりに進むとある。なお、津軽海峡フェリーの乗場とは函館だと離れているが青森は隣接している。

f:id:pancake_MP:20190626110439j:image

左側の螺旋を描くのが跨線橋。新田から駅(西口)までは10分ほど。
f:id:pancake_MP:20190626110443j:image

線路を越えていつもの景色。近々建て替えだとか改修だとかは知らないが構内では工事中。
f:id:pancake_MP:20190626110431j:image

7時になったので駅前の長尾へ。ずっとのっけ丼だったなと思いつつ前回は定休日(月曜)だったので念願。こく煮干しの中太のはず。ご飯はタダなので残り汁にぶち込んだりいろいろ可能。
f:id:pancake_MP:20190626110447j:image

朝風呂をしに浅虫へ。後ろから貨物が来ていたからか最後の1駅だけものすごい勢いで走っていた。本数もそこそこある時間帯で車内は空いていた。朝8時ごろだが駅前の道の駅の温泉は割と混んでいた。というのとシャンプーはない。写真の足湯は駅を出て左側にある。

f:id:pancake_MP:20190626122249j:image

帰りの電車。始発だったが荷物の多いおじいちゃんおばあちゃんがたくさん乗っていた。青森までは20分ほど。しかし電車に乗っている間に雨が降ってきた。

青森へ戻ってアスパム正面のベイブリッジから。ちょうど階段があるので撮るのは楽。

pancake-mp.hatenablog.com

前回も同じことやってるし暗に今回再履修してる流れで笑う。長尾も県美も行ったぞ。

今回のメインである県立美術館へ。ライブハウスの前で不審者をしていたらいい時間になったので駅へ戻ってバスに乗った。
f:id:pancake_MP:20190626131257j:image

THE美術館っていう感じの独特な建物。アアルト展は翌日曜が最終日だったためか人は多く感じた。設計や木を曲げる技術について、ほか現物や図面、モックアップなど展示物も豊富。これに関連してブナコの製品や棟方志功の包装紙デザイン(亀井堂の包みとか)、ウルトラ怪獣原画などのコレクション展。学生は両方で1200円だった。

f:id:pancake_MP:20190626235328j:image

あおもり犬。机に手を置く人にも見える。

f:id:pancake_MP:20190626131254j:image

オシャンティーなカレー。どうルーを注げばいいのかよくわからなかったのでスプーンで何回かに分けて皿に投入した。

味噌カレー牛乳ラーメンの店はブログきたときにあそこやんとなった(行ったことがあった)。残すはURAで映ってた居酒屋か。リンゴのタルトのつけあわせにリンゴがあるという推しっぷり。ミントはクリームと一緒に食べると中和というか食べやすい。夏に来ました。

腹ごしらえをした後は歩いて三内丸山遺跡へ。だいたい5分あれば着いた記憶。

実際歴史の教科書で吉野ヶ里遺跡に並んで出てくる印象。

f:id:pancake_MP:20190626131658j:image

住居のほか集合場や共同作業所の説があると書いてあるように他の竪穴式住居より明らかに広く公民館のような立ち位置だったように見える。
f:id:pancake_MP:20190626131715j:image

俗にいう高床建物。およそ35㎝間隔で柱が立っているらしい。
f:id:pancake_MP:20190626131707j:image

館内数か所には発掘物をあった状態で置いてある建物もある。

天気がよければさぞかしピクニックとかよさそうな感じであるがこの日は雨。遺跡へ出るところに傘と長靴のレンタルがあるので必要に応じて使えるのが便利。ピクニック広場もある。
f:id:pancake_MP:20190626131722j:image

さっきの写真の木柱だがこれは館内展示のもの。
f:id:pancake_MP:20190626131703j:image

土偶。平べったく板状土偶と呼ばれるもの。一般的に想像される土偶(ポケモンネンドールみたいなやつ)は内側が詰まっているか否かで中実/中空土偶と呼ぶ。中実中空なんて算数の方陣以来に使いましたね。
f:id:pancake_MP:20190626131712j:image

地下の収蔵庫。縄文時代の遺跡というだけあって大量の土器が並ぶ。

バスの時間まで少し時間があったので売店を覗いたら見つけてしまった。青山推しなんでも思い出しすぎ問題。
f:id:pancake_MP:20190626132633j:image

青森からは特急で弘前方面へ。普通でもよかったけどE751に乗ったことがなかったというだけで乗った。新青森までは特急券不要で自由席に乗れるため、新幹線乗継の客でデッキまで溢れたが以遠は静けさを取り戻した。

イギリストースト。ラスクは以前食べたことがあるが本物は初めて。マーガリンとグラニュー糖がサンドされているだけでトーストの要素がない。

pancake-mp.hatenablog.com

このどこかにあるはず。

f:id:pancake_MP:20190626132618j:plain

大鰐温泉までは50分ほど。降りたときに見たら指定席車は混んでいたのでそれなりに需要はある区間なのだろう。
f:id:pancake_MP:20190626132602j:image
f:id:pancake_MP:20190626132637j:image

駅舎。手前にある小屋は足湯(2枚目)。
f:id:pancake_MP:20190626132610j:image

本日2湯目は大鰐温泉の道の駅。ここはシャンプーがあったのと露天風呂もある。おじいちゃんが何か喋っていたが、最後に言った「どっこいしょ」以外何を言っているかさっぱりわからなかった。4年半くらい前に黒石に行ったときも電車の中でおばあちゃんが「○○歯科」と言った以外は10分くらい話している内容がさっぱり理解できなかったので津軽弁は全くわからない。

帰りは中央弘前まで弘南鉄道で帰ることに。大鰐駅の駅舎がどこだかわからなかったのでJR側から入って弘南鉄道側の駅舎で乗車駅証明を入手した。
f:id:pancake_MP:20190626132607j:image

泉州に用事がないので水間は乗ったことがないけどようやく乗ることができた(違)。
f:id:pancake_MP:20190626132647j:image

弘南鉄道おなじみ東急百貨店と109のつり革。東急は札幌にあるけど関西圏ではハンズぐらいしか縁がない。
f:id:pancake_MP:20190626132642j:image

味のあるオレンジの灯り。

弘前駅方面に歩いて人気そうな居酒屋へ入ってみた。


f:id:pancake_MP:20190626132613j:image

貝みそ焼き。1人1限だが100円。これと日本酒飲み比べのほか、田酒1合、りんごサングリア、豚バラ煮物、砂肝串、ニンニク串揚げ、ゴボウ唐揚げ、軟骨唐揚げで¥4100と案外安く収まる。ゴボウの唐揚げが特においしかった。テレビは山下七海さんのクイズ番組ではなく伊藤美来さんの出てくるほうをやっていた。隣の席の親世代くらいのおばちゃん2人と軽く世間話をしながら飲んだ。

食後は特にやることもなく駅のほうに寄ってからバスセンターへ向かった。
f:id:pancake_MP:20190626132628j:image
22:00発のノクターンは1号車が弘南、2号車が京急の持ち回り。車内は3列でトイレは中央部。給茶サービスも有。大鰐弘前ICから高速へ入り休憩は3か所、開放は最後の1回のみ佐野SAで翌朝5時頃と案内があった。前日が仮眠程度だったので用事を済ませてすぐ眠りについた。

 

【乗車録】

新田→駅西口(青森市営バス[1]東部営業所) 青森200か・892

青森→浅虫温泉(普通/浅虫温泉) 青い森701-2

浅虫温泉→青森(普通/青森) 青い森701-3

青森駅前→県立美術館前(青森市営バス[D]三内丸山遺跡前) 青森200か・889

三内丸山遺跡前→青森駅前(青森市営バス[S1]青森駅前) 青森200か10-41

青森→大鰐温泉(特急つがる6号/秋田) モハE750-102

大鰐→中央弘前(中央弘前ゆき) 7034

弘前BT→浜松町BT(京浜急行バス[ノクターン号]品川BT) 横浜200か46-72(J4738)

何度目かの函館寄り道 (6/21)

昨夜更新のつもりが寝落ちしてできなかったー☆(・ω<)というわけで予定より遅れての更新です。現在はオホーツクで移動中だったりします。(七夕ですがそんな感じは特に)ないです。

 

朝6時、無事に布団をチェックアウト。荷造りを当日にやる癖は小学生の頃から変わらず。極端な話チケット(イベもそうだしバスとかも)さえ持っていればどうにかなる。

札幌を8時前に出発。復学割なので片道あたり4000円してないくらいだと思う(往路は6/3)。

f:id:pancake_MP:20190625194011j:image

有珠山SAにて。

馬匹車は道内各地でたくさん見たが牛verは初めて。おそらく肉牛。

有珠山から次の休憩の静狩までは40分ほどと短め。八雲からは一般道へ降り2時間程度の耐久戦のはじまり。森と八雲を経由しない便があったはずだが精神的にそっちに乗りたい。八雲から新函館北斗まで70分、五稜郭駅まで100分、函館駅まで110分(いずれもおおよその時間)だった。湯の川へ着いたのは札幌から6時間5分後のことだった。

f:id:pancake_MP:20190625202514j:image

湯の川温泉の足湯。

f:id:pancake_MP:20190625194040j:image

ブルートレインというラーメン屋だがこの日は臨時休業。足回りには国鉄の銘板があった気がするが形式等は不明。

昼も2時になっていて開いている店も少ないなかジンギスカン屋のランチプレートが安いのを見つけて入ってみた。

f:id:pancake_MP:20190625194129j:image

仔羊肉のプレート。500円とお手頃でおいしい。

いまどき刺青してようものならほとんどの風呂で断られるが、ここは背中全部じゃなかったらいいという初めて見る文言があった。炭鉱では魔除けの意味で彫るケースがあるが、海の世界では洋上で亡くなったときの人物特定の目印として彫っているらしい。
f:id:pancake_MP:20190625194126j:image

市電の低床車。

東洋GTO(初期)の音

あてもなくどつく前まで乗り通して谷地頭方面へ線路より少し山側を歩く。

f:id:pancake_MP:20190625194201j:image

神戸ほど無慈悲な坂はなくて基本的に緩やか。
f:id:pancake_MP:20190625194204j:image

谷地頭側の函館公園。鹿の他にカモや猛禽類がいた。

家から一番近いドライブスルーのマクドの近所にある孔雀や猿のいた公園(村上春樹作品にも出てくるらしい)を思い出す。
f:id:pancake_MP:20190625194158j:image

啄木一族の墓の奥にある立待岬。特に面白いものはないが売店でつぶ貝か何かを売っていた記憶。

谷地頭から市電に乗って運賃の都合上で魚市場通で降りたあと函館駅前の銀行へ。夕食を奮発するためだ。

函館奉行という銘柄。調子に乗って16皿(過去最多)で5500円ほどを食べる。ウニとか蝦蛄食べたし仕方がない。バスの時間がレジ待ちでかなり迫っていたが少し遅れていて何とかなる。バスは車掌(ガイド)乗務で登山道に入ると照明を落として走っていった。

2合目でも充分な景色。登山道の閉まっている時期(冬季)は運休となる。函館市街からは400円(IC対応)。

f:id:pancake_MP:20190625194251j:image

頂上より。一般車は乗り入れ規制が混雑時間帯にかけられるが、かなりの量の観光バスとタクシーが山へ来るため展望台は主に外国人観光客で溢れかえる。しかし、その波を外せばそこまで混雑はしない。

f:id:pancake_MP:20190625194247j:image

クター的なことを言っているのではなく内輪差の問題。登りの観光バスがアタックしてしまったため、ガイドを前ドアに立たせて(ガードレール接触防止)5分ほどで離合できた。いい感じに盛り上げていたので抜け終えたときには拍手喝采

予定より時間もかかって21:20ごろに函館着。駅前でwi-fiが拾えたので寒さにふるえながらよぴちゃれを見た。

その後適当にフェリー乗り場へ向かうために道を北へ。函館駅から青函フェリーまでは50分、津軽海峡フェリーは65分。

いい感じに感動してるが道間違ってるぞ。

もやごぼ。この道をさらに進んだ先のセブイレを左折して線路を越えるのが正しい。

かわいいじょせいせいゆうだからほろよいのんじゃうの。

ここのローソン手前を左折した先に青函フェリーの乗場がある。

深夜帯に津軽海峡は0:30→4:10と3:10→6:50、青函は2:00→5:50と船が出ているが、青森に4時に放たれても仕方ないし6:50着だと予定が圧迫されるということで青函フェリーに。乗船受付は0時からで乗船自体は出港15~20分前とギリギリでそれまでは小ぎれいな待合室のテレビで時間をつぶす。徒歩乗船は5人ほどだった。

f:id:pancake_MP:20190625215803j:image

ボーディングブリッジとかそういったものはない。津軽海峡のほうが様々な客室があり青函両側に企画切符を出しているのに対してこちらのメインは貨物輸送のようである。
f:id:pancake_MP:20190625215800j:image

 雑魚寝が3室のみととてもシンプル。他の船だとリクライニングシートだったりステートルームがあるらしい。消灯後まもなくして寝ることができた。こういうのってだいたい寝れずじまいなのに。

 

【乗車録】

  →さっぽろ(東豊線/栄町) 9105

札幌駅前→湯の川北(北都交通[高速はこだて号]湯の川) 札幌200か31-67

湯の川→函館どつく前(函館市電[5]函館どつく前) 3003

谷地頭→魚市場通(函館市電[2]湯の川) 9602

明治館前→函館山(函館バス[1]函館山) 函館200か・830(H4465)

函館山函館駅前(函館バス[1]函館駅前) 函館200か・881(S4470)

函館港→青森港(青函フェリー) あさかぜ5号(北日本海運)

廃線後の夕張へ (6/14)

もう7月ってマジ?と思いながらカレンダーをめくりました、こんばんは。ソフトボールで大した活躍もせず4戦4勝と幸運の置物と化していますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

中間報告がこの翌日に迫る中思い立って夕張へ。というのも石炭博物館が前週に仮ではあるが再開されたというのがある。本来は三笠に行こうと思っていたが予定を変えて早起きして向かった。

バスがすすきの近辺から渋滞にはまる見立てで1本早いので向かったが采配が当たる。1本遅いのに乗っていたら確実に遅れていた。

f:id:pancake_MP:20190620175737j:image

ホームライナーからそのまま特急になった。

札幌から新夕張までスーパーおおぞらで1時間少々。

これの印象は青函トンネル(白鳥で通過したことはない)

新夕張。他に誰も降りなければ乗った気配もなかった。

f:id:pancake_MP:20190620175903j:image

夕張市民限定で追分・南千歳までの特急券が免除になるシステム。
f:id:pancake_MP:20190620175859j:image

博物館の案内書き。
f:id:pancake_MP:20190620175906j:image

ポップ体台無しbotって感じ

夕張支線廃線の関係で1面2線で足りるようになったからか3,4番線は使用停止に。

f:id:pancake_MP:20190620175836j:image

新夕張からはバスで市内へ入ってゆく。ここから乗ったのは2人だったが、沼ノ沢、南清水沢など南部でまとまった乗車があり、清水沢3(旧駅前)でどっと降りた。なお、終点まで乗った人は他にいなかった。

f:id:pancake_MP:20190620182530j:image

軽便鉄道といっても昔のレオライナーみたいなのが走っていたらしい。構造物だけ残っている。

f:id:pancake_MP:20190620232530j:image

元々はゆうばり化石のいろいろ展示館という建物だったが、塗り直されふつうの何でもない建物になった。付近にあった炭鉱生活館は3-4年前に解体されたらしい。仮復旧にあたり立入禁止になっている箇所にはテープで×がしてある。f:id:pancake_MP:20190620233149j:image
2015年当時現存していた炭坑生活館。(プライバシーの観点で加工)
f:id:pancake_MP:20190620182522j:image

館内はいってすぐの広い部屋では炭鉄港関連の展示が並ぶ。これは炭を船にダイレクトに積み込むシステムで小樽のほかに室蘭にも同じものがあった(らしい)。
f:id:pancake_MP:20190620182525j:image

部屋の真ん中に鎮座するマネキン。
f:id:pancake_MP:20190620183011j:image

階段をあがったらさっそくインパクトのつよいコーナー。市の概要についての説明。
f:id:pancake_MP:20190620183043j:image

f:id:pancake_MP:20190620215657j:image

上の写真のあとに動画を挟むコーナーを過ぎると石炭と夕張の盛衰に関するコーナー。
f:id:pancake_MP:20190620183131j:image

こちらは地下。去年の改修でエレベーターもボタンが現代的になっていた(前はもうちょっと年季入ってた記憶がある)。
f:id:pancake_MP:20190620183157j:image
f:id:pancake_MP:20190620183228j:image
f:id:pancake_MP:20190620183443j:image

採炭方法の進歩。
f:id:pancake_MP:20190620183748j:image

運動会かでトロッコの車輪を持ち上げる様子。
f:id:pancake_MP:20190620183827j:image

ワイヤロープといっしょに用途図も置いてあった。
f:id:pancake_MP:20190620184039j:image

ロッコのチェーンは削り出して作られているという㊙情報。
f:id:pancake_MP:20190620183905j:image

おなじみ自走枠。
f:id:pancake_MP:20190620183934j:image

このエリア一帯の機械は毎時30分になると動く。先日の火災の影響か少し煙くさく感じた。

f:id:pancake_MP:20190620184004j:plain

奥が坑内となっているが封水されているため通用口が出口になっている。

f:id:pancake_MP:20190620184559j:image

出た先は駐車場。
f:id:pancake_MP:20190620184935j:image

奥に大露頭などがあるはずだが入ることはできない。

f:id:pancake_MP:20190620230910j:image
f:id:pancake_MP:20190620231130j:imagef:id:pancake_MP:20190620231212j:image
f:id:pancake_MP:20190620233702j:image

ここ4枚は坑内火災で封水されているエリアに前回(2015年)訪れたときのもの。リニューアル前なので展示物などもかわっているはず。3枚目ピンボケしているがこれが炭層だったのかもしれない。4枚目はずいぶんと暗くまともに写真が撮れず、唯一まともなのも顔やら思いっきり入ってしまっているので雑に加工。
f:id:pancake_MP:20190620184606j:image

外へ出て戻ってゆく。これは図書館だったもの。警察の向かい側ぐらい。
f:id:pancake_MP:20190620184854j:image

お昼はバス道の産直センター横にある蕎麦屋でカレーそば。あんかけなので冷めにくく猫舌には厳しい戦い。あとなみなみと入っていてびっくり。
f:id:pancake_MP:20190620184840j:image

夕張市民会館。耐震性の問題から閉館された。
f:id:pancake_MP:20190620184851j:image

ここの整形外科は廃墟マニアの間では有名らしいが入口はベニヤで塞がれていた。
f:id:pancake_MP:20190620184613j:image

市役所の通り(路駐の多いところが市役所)だがそのような感じは全くない。
f:id:pancake_MP:20190620184904j:image

上の写真と同じ個所の左側。左の家は煙突の管がきれいなので使われているのかもしれないが、正面は自然に取り込まれようとしている。
f:id:pancake_MP:20190620184609j:image

駅は掲示物の額がなくなったほかはこの写真の範囲では変化に気付かない。
f:id:pancake_MP:20190620184921j:image

鹿の谷方面に歩いてゆくと廃線時には雪で見えなかったが線路沿いに遊歩道が少し続いていた。

f:id:pancake_MP:20190620184901j:image

末広通り踏切。こちらは線路は残ったまま。

f:id:pancake_MP:20190620184602j:image

ファッション通り踏切は線路が剥がされ舗装されていた。

f:id:pancake_MP:20190620184907j:image

道道より少し奥にある橋桁の跡。JRではないので夕鉄か。
f:id:pancake_MP:20190620184916j:image

鹿の谷の跨線橋より。舗装されている場所はサイクリングロードなのだろうか。
f:id:pancake_MP:20190620184846j:image

旧鹿の谷駅。一部の窓がベニヤで塞がれているのは営業時からで特に変化はなかった。 

pancake-mp.hatenablog.com

(参考:3/31)
f:id:pancake_MP:20190620184858j:image

列車の来ない線路にはキツネがいた。少し見合ったあと逃げて行った。着実に自然に還ろうとしている。
f:id:pancake_MP:20190620184843j:image

夕張駅舎は継続して喫茶店と観光案内センターの営業が続いていた(観光案内センターは土日のみ営業の可能性)。
f:id:pancake_MP:20190620184912j:image

廃線翌日はホーム手前まで入れていたがそれより手前側に虎ロープが張られていた。

レースイ前を16時前のバスで夕張を発って札幌までは2時間弱だった。

 

【乗車録】

  →札幌駅前(中央バス[83]札幌駅前) 札幌200か12-92

札幌→新夕張(スーパーおおぞら3号/釧路) キハ283-8

新夕張駅前→夕張市石炭博物館(夕鉄バス/夕張市石炭博物館) 札幌200か50-60

レースイリゾート→札幌駅前(中央バス[高速ゆうばり号]札幌駅前) 札幌200か19-53

札幌駅前→  (中央バス[83]西岡4-14) 札幌200か34-57

青葉茂る時期に (6/10)

5時に起きれたら新十津川まで乗りつぶそうとしたけど無理だったのできょうは一日ゆっくりとした。昨夜の段階でまだ熱引いてなかったしそもそも出ないほうがいい。

 

9:40すぎ、急ぎ足でチェックアウト。市役所前まで10分弱で着いたので急ぐ必要はなかった。道中レンタサイクルに乗った昨日の某氏と遭遇したので"「おはよう」「おはよう」眼で挨拶"のノリで会釈。

f:id:pancake_MP:20190617161554j:image

道中数か所で津波浸水深の表示を見かけた。ここは病院の駐車場。
f:id:pancake_MP:20190617161605j:image

こちらはバス停前の東北電力気仙沼営業所。さきほどの病院とそこまで離れていないが浸水深の差は4mと驚くほど大きい。
f:id:pancake_MP:20190617161558j:image

バスに乗って仙台まで約3時間弱。国道45号をずっと進むが歌津から1区間だけ高速に入った。
f:id:pancake_MP:20190617161546j:image

道中至る所にあったここから/まで津波浸水域の標識。
f:id:pancake_MP:20190617161602j:image

志津川から高速に入り矢本でトイレ休憩。日野のバスだった。

休憩から20分後仙台東ICから一般道へ。

仙台西口には12:47ごろ到着。ちなみに今回初めて仙台駅周辺を素通りすることになった。

勾当台公園向かいの県庁市役所前には7分早く到着。降りてすぐの信号を左折してずっと歩いてファミマの手前で右へ行けば

ありました。めちゃくちゃ菊間夏夜感じる移動になっているのは気のせいか。f:id:pancake_MP:20190617161543j:image

前回(ツアーファイナル翌日)は餃子が枯れていたのでほぼ1年ぶり。見慣れない包み方をしている気がする。

明らかに食べる量が増えてきている。
f:id:pancake_MP:20190617161549j:image

ここでもPOPを発見。
f:id:pancake_MP:20190617161538j:image

実は右にあるサインボールの存在にいままで気付かなかった。

ここから北のほうへ向かってガストを通り過ぎる。

見慣れた景色詰め合わせ。

さすがに10日じゃ様子は変わらないか。

f:id:pancake_MP:20190617162542j:image

続いても10日ぶりのビジュウへ。

チーズケーキに新色登場。折角なので赤にした。ツレはしろくまフローズンソーダ

なぜわかったのかがわからなくてこわい。偶然にもみにゃみと同じ場所に座ったという結果になった。

f:id:pancake_MP:20190617162605j:image

実家の土産にゆべしを買うべく寄り道。ここにもあのPOPがあった。

f:id:pancake_MP:20190617162510j:image

郵便局に寄ってから定禅寺通りへ。定禅寺通り銅像ゲームというこの通りにありそうな銅像のポーズをしてジョジョになったら負けという謎の遊びがあるらしい(10日前に聞いた)。前回の宣言通り青葉の茂った時期に来ることができた。

妙に時間があったのでアーケード街をひたすら下ることにした。
f:id:pancake_MP:20190617162455j:image

お茶屋さん。出てきてたという記憶があったので確認したらあっていた。麦茶パック(¥300くらい)を買ったが会計後に試飲がついてきてラッキー。
f:id:pancake_MP:20190617162452j:image

MACANAはちょうど何かの列形成を始めようというタイミングだった。

f:id:pancake_MP:20190617162506j:image

3時ぐらいだったのでさすがにまだシャッター通りだった。仙壱屋は探すのに苦労したがこれで迷わずに行けそう。

仙台駅をスルーして南のほうへ。というのもいつも勾当台とか北四番丁とか行ってるし...というところである。道中に学院大のキャンパスがあった。

f:id:pancake_MP:20190617162500j:image

向かったのは愛宕神社北四番丁から駅換算で5駅とかなり歩いた(当社比)のうえ境内の階段がきつい。

f:id:pancake_MP:20190617162503j:image

城址と似た景色だけど近い。手前を流れるのは広瀬川

疲れたので地下鉄で長町へ向かうが20分ほど時間ができた。改札でIKEAのサメを運搬している人を見つけたのでサメを見に行くことに。

なぜ気仙沼でサメを見る余裕がなかったのだろうか。そこまで考えなくても謎。ちなみにちょうどいい時間つぶしにはなった。長町からは空港行きに乗るが思った以上に混雑。この時間帯本数は結構詰まっているはずだが両数が足りないのか。南仙台でかなり降りたが空港まで座れなかった。

空港で言の葉青葉イントロを聞いてから出ようと思っていたが放送被り+キャリーケース本気のダッシュにより無事撃沈。伊丹便は18:50頃だというので18:20ごろに別れた。ちなみに千歳便は20:45とだいぶ時間がある。

リベンジに駅へもう一度行った(なんかwifi拾えたから)

またの名をログインボーナス。来るたびに意味もなく撮ってるが、改元を機に西暦表記に変更されたようだ。

pancake-mp.hatenablog.com

 H31-2
f:id:pancake_MP:20190617180728j:image

H28-12
f:id:pancake_MP:20190617180809j:image

2016(H28)年12月に初めて仙台を訪れたときは券売機上部の空間にWake Up,Miyagi!の幕がかかっていた。Miyagi!の配色はいつもの並び。

前日飲んでて話題にしたら理解を得られたアレ。どっちも鳥の羽ばたく図柄だしブレードの持ち手のとこ出発ピクトグラムなんだよな。

f:id:pancake_MP:20190617180422j:image

夕食はじゃじゃ麺と笹かまに日本酒。うんめーにゃ。

そして〆はずんだシェイク。仙台で買おうと思ってたけど買えなかったので。

f:id:pancake_MP:20190617180356j:image

1階に降りるとここにも津波到達高さの掲示が。冠水により1ヵ月ほど使用不能となった。なお、鉄道は駅と滑走路を潜るトンネルを中心に甚大な被害を受け再開まで半年以上かかった(空港再開まではバス代行)。

だいたい5~7(いつものななみのあそこ)から出るが、今回の千歳便は4番なのでセキュリティを越えてからは逆側。1~3番は国際線に振られているはず。さあ登場案内が始まるかというタイミングで先に仙台を発ったオタクが伊丹に着いたとTLで見る。はやい。

f:id:pancake_MP:20190617162714j:image

エアドゥ便はwifiが飛んでないので機内のモニターか写真かファミ通特典のWUGオフショットぐらいしか見るものがない。やたら縮尺の広い地図と写真のやつすき。

千歳には5分ほど遅れて着陸し、バスもないと思っていた20分発にちょうど乗ることができた。

 

【乗車録】

気仙沼市役所→県庁市役所前(ミヤコーバス/三陸道・仙台経由 県庁市役所前) 宮城200か27-90

愛宕橋→長町(南北線/富沢) 1613

長町→仙台空港(普通/仙台空港) クモハE721-504

SDJ→CTS(HD111/NH4811) JA11AN

新千歳空港21のりば(22:20)→  (北都交通/真駒内方面アパホテル&リゾート) 札幌200か31-96

大鍋屋(菊間)宿泊記 (6/9-10)

世間ではSSAのBDが発売日。なんかUSBの発売情報というのを聞いて盛岡と熊本の映像とかワンチャンあるんでは~となっているところ。朝から霧のかかった藻岩山へ行ってランチに天ぷらをごちそうに。しかし、昼から37℃台後半の熱が出ているので私は元気ではないです(その状況で受け取りに行ったけど)。頭をひねられないのでタイトルもひねられません。

 

五十鈴神社から歩くこと数分。本日のお宿、大鍋屋に到着。

f:id:pancake_MP:20190617121818j:image

9話の合宿で夏夜のおばさんが営む宿として登場。この4月に建て替えを終えたばかりでまだまだ新築の匂いが感じられるがフロントは味のある造りだった。

へやのどこかにあるのでさがしてみよう!食後くらいにはわかるはず。

f:id:pancake_MP:20190617122637j:image

というわけで本日のお部屋は103の[菊間]。荷物が写り込んでいるのはお許しを。新築だからかコンセントもたっぷりある(押入れの下は冷蔵庫で1つ使用済みのうえ電気ケトルがスタンバイ)。予約を取るときに「103で~」、「菊間で~」と伝えれば大丈夫。ちなみに6畳+洗面・トイレ(部屋内に風呂なし)と狭いので2人が限界なので「狭いけど大丈夫?」と何度も念を押された。
f:id:pancake_MP:20190617122643j:image

実質添い寝。
f:id:pancake_MP:20190617122641j:image

机の上。手のひらサイズくらいに縮小されたフラスタのパネル。

f:id:pancake_MP:20190617122855j:image

交流ノート。これも部屋のどこかにあるので探してみては...(そこにはいろいろ入ってて宝箱みたいになってる)。

f:id:pancake_MP:20190617122905j:image

踊り場にて。歩道で舗装工事をしていたりと復興へ進む姿をみることができる。
f:id:pancake_MP:20190617122901j:image

到着時に食堂と広間どちらにしますか~と聞かれたのでなんとなく広間にしたらびっくり。手前側にもう一席あったので盛岡から同じムーヴをしているのだろう。偶然にも同じ時間から夕食はスタート。

f:id:pancake_MP:20190617122858j:image

左からマンボウ、ホヤとならではの海の幸。奥の刺身はマグロと何かと貝類の何か。蓋もののなかは肉を煮たもの。写っていないがごはん、みそ汁、香の物も任意のタイミングで配膳してくれる。

f:id:pancake_MP:20190617122852j:image

アルミホイルの中はホタテ。めっちゃでかくてうまい。

ここの部屋に通された人たちで会話が始まった。そのなかでこの人FF内に思い当たりがあるのよな...となる。結果から言えばあっていた。あ~あのXXさん!みたいな感じになった。いつもどっか行ってる人と思われているらしい(あながち間違っていない)。

よぴ推しは存じ上げていたが同行者がやらかす。

酒が飲める移動手段専の方なので某ピンチケ航空(オレンジの★)はアルコールが持ち込めないとか、電GOで突っ込む車止めは大曲か京都か、ツアー中の移動手段について2時間弱の雑談。

f:id:pancake_MP:20190628224447j:image

電GOの山陰本線京都駅(現行のアケ版でもできてびっくりした)。(6/28撮影)

食後は菊間でこの部屋やばいやんという話をする。2階の隅に(本日のお部屋情報に映っている)ブイがあるという情報を得た。

f:id:pancake_MP:20190617145247j:image

なんとなくやってみたかった何か。サイズ感のせいで冷麺が枕にしか見えない。

そこそこ疲れていたが謎のテンションで寝ようという気にならず少し遅くなった。例えるならば寝台列車で寝るか寝ないか問題や修学旅行。
f:id:pancake_MP:20190617145236j:image

翌朝少し早く起きて朝風呂へ。中庭の池には鯉がたくさんいた。
f:id:pancake_MP:20190617145244j:image

朝食。実はサンマを7年とかの単位で食べてなく(母が買ってこないのが原因)、スイカも小学校くらいのときにまずいのを食べたトラウマで15年ぶりくらいの対面。久しぶりのサンマもスイカもおいしかった。ちなみに目玉焼きにかける調味料の話になって意見が割れた。ちなみに塩派。相変わらず食べるのは遅いので1時間くらいかかった。一押しはきんぴらごぼう
f:id:pancake_MP:20190617153141j:image

帰り際会計を済ましていると犬がやってきた。自動ドアが反応して外に出られるのが女将さんこの頃の悩みらしい。

シャークミュージアムや大島など見て回れなかったのでまた恋しくなったころに戻ってこようと思う。その頃にはまた街並みが変わっているはず。