すぬぺ自由帳

気がついたらどこかにいるやつ。

歌志内市へ行ってみた(5/17)

いい加減ちゃんと研究の勉強しないと本籍のあるほうの大学から怒られるのでこの日は空知の端のほうへ足を運んだ。

6:30に起きて7:30のバスで札幌へ向かうつもりだったが起きたら8時。早速やらかす。気を取り直して1時間遅れで予定をすすめてゆく。このごろ寝つきが悪いようでだいたい2時前になってしまうのが原因だろう。札幌からは特急に1時間弱揺られて滝川で下車。砂川、滝川、深川、旭川と川のゲシュタルトが決壊しているが、すながわ、たきかわ、ふかがわ、あさひかわと交互に濁ったり濁らなかったりなので案外覚えてしまうと何かが楽。f:id:pancake_MP:20190519152107j:image

滝川からはバスで歌志内を目指す。ロータリーで待っているとおばあちゃんが時刻表を見てから少し会話した後に「美唄行くバス1時間半後なら電車乗って帰るわ」と去っていったのが印象的だった。滝川発のバスは一度砂川(市立病院)まで戻ってくるので交通費の圧縮に余念のない方がいれば参考にしてほしい(滝川→砂川はバスで20分ほど)。滝川を貸切で発車したバスは各停留所でちまちまと客を拾い、砂川の病院と十字街でどさっとおじいさんとおばあさんを乗せてどんぶらこ、どんぶらことペンケウタシナイ川、パンケウタシナイ川を遡上せずに川沿いの道路を進んでいった。砂川で乗ったおじいさんとおばあさんは上砂川町内でほとんどが降りた。ちなみに、砂川からは歌志内線のほかに(函館本線)上砂川支線がほぼ並行する形で存在した。どちらも運炭路線である。うんたん♪

砂川から歌志内までは40分ほど。途中の上砂川にも炭鉱資料館はあるが土休日のみの営業。
f:id:pancake_MP:20190519162906j:image

市街地という停留所で降りたけどこの田舎っぷり。人口は3000人少々と市のなかでは全国最少。
f:id:pancake_MP:20190519162943j:image

これが歌志内市郷土館ゆめつむぎ。滝川から中央バス赤平昭和or宮下町ゆきで1時間、砂川市立病院から40分"歌志内市街地"下車すぐ。案外こういう情報ってHPになかったりして不便。
f:id:pancake_MP:20190519163120j:image

かつては営業係数(100円の営業収入を得るためにいくらかかるかという指数)が64と全国で4番目(1963年)という時期もあったが晩年は400ほどだった。北海道炭礦鉄道(のちに北海道炭礦汽船 、通称:北炭)によって開業されたため先述の通り運炭路線であり、3セク化も検討されていたが空知炭礦の閉山が避けられない状況となったためバス転換となった。
f:id:pancake_MP:20190519163819j:image

スバル360.奥のマネキンはおそらく東京五輪開会式の恰好。
f:id:pancake_MP:20190519163942j:image
f:id:pancake_MP:20190519164011j:image

歌志内線関連以外にも昭和の家電(レコード・テレビ・真空管アンプ等)が所狭しとディスプレイされている。
f:id:pancake_MP:20190519164225j:imagef:id:pancake_MP:20190521004535j:image

地階は炭鉱資材の展示。電気は自分でつけるスタイル。

炭車、客車、ショベル、バッテリーロコなどどこの炭鉱博物館にもありがちなラインナップ。しかし、小物の展示点数はけっこう多め。

f:id:pancake_MP:20190519164334j:image

そう言われるとご飯に味噌汁かけないなあ。お粥あまり好きじゃないからか。f:id:pancake_MP:20190520222452j:image

坑内従業員募集のポスター。
f:id:pancake_MP:20190521004140j:image

空知炭礦末期の史料。

f:id:pancake_MP:20190521204518j:plain

コールカッター。写真にはないが炭鉱長屋の一日といったプロジェクションマッピングみたいなやつもある。

約1時間見て回ってバスがちょうど出てしまったのでセコマへ行くことにした。
f:id:pancake_MP:20190521205759j:image

イートインはなかったので小屋になっているバス停で食べた。まだ思った以上に時間があったので来た道を戻る。

f:id:pancake_MP:20190521210114j:plain

逆方向(滝川方面)のバス停

f:id:pancake_MP:20190521210227j:plain

長屋式の炭住を見るのも何度目だろうか。ここでも使われているかはわからないが存在はしていた。

f:id:pancake_MP:20190521210939j:plain

たぶんPARKing PARKはギャグ 

f:id:pancake_MP:20190521211049j:plain

妙にだだっ広いこの側線がParking Parkなのだろう。ちなみにこの付近が旧歌志内駅で駅舎は現在の郵便局の位置(ゆめつむぎの奥)にあったらしい。また、焼山~歌志内の廃線跡はサイクリングロードとして整備されている。

 

【乗車録】

  →札幌駅前(中央バス[83]札幌駅前) 札幌200か19-14

札幌→滝川(カムイ9号/旭川) モハ789-1007

滝川駅前→歌志内市街地(中央バス/赤平昭和) 札幌200か・998

🎂🎉

2019年5月15日(水)。ちなみに1996年の同日も水曜だという。

開設&お誕生日おめでとうございます。こう落ち着いて見てみるとケーキの数が増えてるんですね。超初期にエゴサ宣言してた(記憶があった)りと以前から使い慣れてそうな噂はあったものの満を持して出てきたという感じ。実際は慣れてなかったけども。可能性に挑戦のほうもスタッフさんめっちゃ攻めてんなあって。

 

さて、前回同様ネタがないのでそろそろ近況報告になる予感も無きにしも非ずなので前回の続きを貼っておきます。
f:id:pancake_MP:20190515181503j:image

赤れんが庁舎の池か何かの近く。カモが歩いていた。
f:id:pancake_MP:20190515181543j:image

同庁舎内。黒白だと見え方も違う。

f:id:pancake_MP:20190515181609j:plain

北大のどこか。駐禁の看板がすき。
f:id:pancake_MP:20190515181640j:image
f:id:pancake_MP:20190515181810j:image

すすきの(すべて4/14)

地下街を歩こう

連休中にバイト以外特に何もしてなかったせいかのかFMで流れてた曲を借りてきた今日この頃。安野希世乃なのでaikoがすきです。そういえばバースデーライブ当たりました。

専らFM802しかきいてないからメロンソーダに毒されたGWだったわけで。おたくクンさぁの画像でおなじみ(?)WANIMA筆頭にほとんど一般ピープルみたいなラインアップになってた。SHISHAMOaikoはそろそろアルバム出るらしいし待つことに。

タイトルは地上の繁華街ですぐ怪しい勧誘に巻き込まれるというだけで特に意味はありません。 

 

先日現像に出したフィルムをスキャナーにかけたので貼っておきます。カメラはシャッターが戻らなくなりました。
f:id:pancake_MP:20190512003234j:image

栗山であった催事のために増結されていたが、過ぎればがらんとした苫小牧ゆき列車
f:id:pancake_MP:20190512002752j:image

なんか昭和っていう感じ。気がつけば令和になったが。
f:id:pancake_MP:20190512002855j:image

苫小牧のきっぷうりば。こう見えてMVも置いてあって近代的。
f:id:pancake_MP:20190512002920j:image

ドンキのあるほうへ歩いた先。矢印が真逆を向いてるのがすき。(以上4枚カラーネガ ISO400)
f:id:pancake_MP:20190512003339j:image

長万部構内。ここで黒白フィルム(ISO100)に替えた。すべて4/13撮影

pancake-mp.hatenablog.com

 

P.S. きょうでグリフェスから1年らしいですね。確か幕張からお台場のハニプラを回した記憶。今日も後者はあるらしいです。あと、ネタが尽きました。

pancake-mp.hatenablog.com

pancake-mp.hatenablog.com

開拓の村 (4/21)

連休も終わって令和はじめての平日。特にどうということもなかったが今日は北海道に戻った。

 

週末のスケジュールをなんでもいいから埋めるのは違うとは思いつつも開拓の村へ出かけてみた。

f:id:pancake_MP:20190422160925j:image

東西線は7両あるからかわからないけど終始空いていた。

新札幌からはJRバスで開拓の村へ。ここもSAPICAポイント対象なのを降りてから気付く(ふつうにモバイルSuica使った)。受付で北海道博物館の共通入場券を買って中へ進む。

f:id:pancake_MP:20190422170447j:plain

出入口の札幌停車場。

f:id:pancake_MP:20190422160702j:plain

千葉の某パークより世界観がしっかりしている感じある。明治から昭和初期までの道内各地の建造物を移築復元・再現したもの(パンフレットより)らしい。

f:id:pancake_MP:20190422160910j:image

屯田兵定食(¥1000)。きんぴら、みそおでん、芋団子焼き、昆布めし、豚汁の陣容。素朴な味で秩父のみそポテトが恋しくなった。あと、豚汁の油の主張がすごくて豚汁って感じだった。

f:id:pancake_MP:20190422161700j:plain

馬車鉄道は両端に1線の駅と一部区間が複線。正午時間帯を除いて約2本/h。落込勾配になっているのはそこまで関係ないが、途中で馬が止まったりすることもある。

f:id:pancake_MP:20190422161757j:plain

馬が通るためポイント部は鉄板でカバー。スプリングで本線側定位の構造。

f:id:pancake_MP:20190422165757j:plain

青山さんちの漁家住宅。でかい。

f:id:pancake_MP:20190422165907j:plain

中学校の理科室。ふつうに座学っていう感じ。

f:id:pancake_MP:20190422170908j:plain

浦川支庁庁舎

f:id:pancake_MP:20190422170955j:plain

森林鉄道機関庫

f:id:pancake_MP:20190422171324j:plain

牧場。馬がいるなら牛がいてもいいでしょ。

f:id:pancake_MP:20190422171347j:plain

開拓民の家。寒そう。

他にいろいろな建物があるが、すべて見て回るほどの体力はなかったので適当な平日にふらっと行きたいところ。

 

【乗車録】

  →幌平橋(中央バス[79]札幌駅前) 札幌200か30-98

幌平橋→大通(南北線/麻生) 5416

大通→新さっぽろ(東西線/新さっぽろ) 8820

新札幌駅→開拓の村(JHB[新22]開拓の村) 札幌200か30-58(537-1969)

開拓の村→新札幌駅(JHB[新22]新札幌駅) 札幌200か35-64(537-3983)

新札幌→札幌(快速[エアポート151号]小樽) モハ733-3102

札幌駅前→  (中央バス[83]西岡4-14) 札幌200か51-89

ジェイ・アール北海道バスはJHBに省略

西岡公園 (4/20)

連休は2勤1休ペースで働いて明日から最後の連勤。だいぶへたってきているし曜日感覚のクソもない。

 

西岡に何があるんだ問題ということで公園行ってみ?と話があったので行ってみることに。4-14ゆきに乗れば終点から10分くらいだが家から歩いて向かってみた。道中のセコマで飲み物を買った。

f:id:pancake_MP:20190422150939j:plain

f:id:pancake_MP:20190422150956j:plain

池と取水塔。こいつだけ生えてるので変な感じ。

入ったらまず池があって奥のほうにいくと湿地帯になっているスタイル。

f:id:pancake_MP:20190422151030j:plain

f:id:pancake_MP:20190422151047j:plain

なんかわからないけどこれがめちゃくちゃ生えてた。名前は知らない。

f:id:pancake_MP:20190422152947j:plain

奥のほう。さらに奥もあるけど特にどうというものはなかった記憶。ここまで前の人と間隔を詰めすぎないようになんとなく歩いて30分そこら。板3枚で退避スペースがあるけど2枚で退避のないとこもある。ルートはいくつかあり、完全な一本道ではないので行きと帰りでルートを変えることも可能。

まだ寒い時期なのか木に葉っぱも全然生えてなくてアレだったので連休明けくらいには茂ってそう。

週末散歩きっぷ (4/13)

元号になったけど生前退位は202年ぶりとからしくどう迎えればいいのかわからず、世間一般では新年のノリだったせいか妙に年越しの雰囲気が漂う令和の初日。本山のだんじりパレードが全国区で映ってたりしたけど天気が悪かったから在宅していた。数少ない休養日なので遠征の予定を組んでいたら夜になってしまった。

 

引っ越した最初のほうの週末は遠くに出る法則があるらしく(埼玉越したときは千葉に行った)なんとなくうろちょろすることに。

寝ようと思ったが眠られず、夜通しでニコ動の水どう的動画を見ていたら朝になった。休日ダイヤだと札幌行きのバスが出ていない時間帯なので地下鉄の駅まで20分くらい歩いてゆき、道中のセコマで電気代を払う。7時過ぎの電車に乗るが変な人ばかりである。

f:id:pancake_MP:20190422112542j:plain

カメラ(ニコンFE)は後日シャッターが切れなくなったのでどうするか考えてる(4/22現在)。一日散歩きっぷ、まあまあ広範囲で使えて便利。日高線乗りつぶしにも使えるが、その足で帯広に行くとバスとかで時間がきつい。豚丼が食べたい。

f:id:pancake_MP:20190422112457j:image

普通が6両だというのでUシート狙いで4号車に並んだが3+3両だったのでふつうのロングシート。最初はそこそこ混んでいたが、ちょろちょろ降りてゆくので岩見沢に着くころには車内に5人くらいしかいなかった。

岩見沢に着くと前の車両からどこにいたんだというほど人が降りていて大混雑、そして皆して同じ室蘭本線ホームに流れてゆく。栗山で催事があるようで1両のところ2両になっていたが思ったほどは混まなかった。そして、栗山でほとんど降りその後は数名単位で乗客が入れ替わってゆき、追分からは前回同様徐行運転で苫小牧には10分遅れで到着した。 

苫小牧では2時間弱の接続待ち。メガドンキでウインドウショッピングをして上のフロアにバッティングセンターがあるというので行ってみることに。20球か25球で300円、4プレイ1000円のありがちな価格設定。ストラックアウトもやってみたがテンポがよすぎて投げ切る前に終わらされた。

f:id:pancake_MP:20190422112503j:image

一角にあったジェイ・アール北海道バスのロゴにインスピレーションを受けた感じの300系
f:id:pancake_MP:20190422134635j:image

参考(2015-7)

お昼時になったので駅の南側にあるセコマまで歩いてエビチリ丼だかを買った。当たり前だが少し辛い。

f:id:pancake_MP:20190422112453j:image

駅で暇をつぶす。

室蘭行きは3列シートのディーゼルカーだった。着いたら最初に兄さんがサボを差しに車内に入った。終点まで電化区間だが輸送量的には1両のキハ40で充分という感じである。ちょこちょこ人を降ろしながら進んでゆき、登別で後ろの特急を先に通して幌別で沿線の中学生をあふれんばかりに乗せて東室蘭に着いた。室蘭まで乗る人はごく少数のようで、改札を出たり長万部方面へ乗り換えていった。

長万部行きも1両でまあまあの混雑。この列車も地元JK.zipだったが、茶髪セミロングくらいの子がかわいかった。あと、札幌だと生足率は高いがこの辺はそうでもなかった。というか札幌は背伸びしてる。

f:id:pancake_MP:20190422112500j:image

おそらく伊達紋別周辺。対岸は駒ケ岳?

北船岡・伊達紋別・長和でだいたいの人が降りて生活圏が変わる。

f:id:pancake_MP:20190422112511j:image

秘境駅で有名な小幌。この列車でも3人くらい降りて行ったし小屋の横におじいちゃんが2人くらいいて坪尻ほどではなかった。釣りに行く人が使ったりするらしい。

f:id:pancake_MP:20190422112523j:image

長万部で1時間ほどの待ち時間。構内に物産館があったので小幌周辺の案内誌とあめせんを買った。ざっくり説明すると鯉の餌が入ってるやつのように中空になっていてそこに水飴が入っている。2枚で150円くらいだったはず。

f:id:pancake_MP:20190422112514j:image

小樽ゆきも1両の列車でおよそ3時間。長万部からは1日4本

古の人間なので出るネタも古い。

f:id:pancake_MP:20190422112506j:image

クネクネ走るので倶知安くらいまではニセコアンヌプリ雷電山や羊蹄山、昆布岳など何かしら見える。

実際10㎞くらいで駅はあるが時間がかかるのでそう感じるらしい。しばらく人は大きく増えも減りもしなかったがニセコで少し乗ってきた。

倶知安20分停車中にずっとこれしか流れないのでゲシュタルト崩壊を起こす。睡眠不足が遠因か。

いわゆるリゾート需要というやつか、おかげで一気に阪急京都線特急みたいな様子になる。しかし、中韓よりかは東南アジア系の人が多い感じ。

然別でキハ201とスライド。ニキファームの瓶が実家にあったような。小樽からはエアポートに化ける普通に乗る。Uシートが空いていたので完全勝利。札幌に着いてから海鮮丼を食べて帰った。

 

【乗車録】

  →さっぽろ(東豊線/栄町) 9201

札幌→岩見沢(普通/岩見沢) クハ733-118

岩見沢→苫小牧(普通/苫小牧) キハ40-1705

苫小牧→東室蘭(普通/室蘭) キハ40-1816

東室蘭長万部(普通/長万部) キハ150-101

長万部→小樽(普通/小樽) キハ150-14

小樽→札幌(普通/新千歳空港) サハ733-3204(※札幌以遠快速エアポート)

豊水すすきの月寒中央(東豊線/福住) 9201

月寒中央→  (中央バス[月82]西岡4-14) 札幌200か50-77

一夜明けて (4/1)

連休中は更新頻度を落として記事のストックを溜めるスタイル。非正規雇用の稼ぎどきでかなり大変。書くネタもなければ書く暇もない。車が汚れてきたのでそろそろ洗車の頃合いらしいが、黄砂とか全然目立たない黄色の車に比べて課金ホワイトはすぐ目立つ。なんか砂っぽい気もするが黄砂とか花粉なのだろうか。

 

4月1日。世間ではエイプリルフール。ランガちゃんがダンボちゃんになっていて自分も新生活だったと思い出す。1週間も他所をふらついていると自分が何なのかもわからなくなる。 

ホテルから駅の道中にて。前の週に高山行って筑前前原ゆきも見たけど新海作品ではないほうの君の名は。

マウントレースイのフロントで新夕張の入場券を買ってバスの時間まで散策。

f:id:pancake_MP:20190413031004j:plain

夕張駅改め観光案内センターと喫茶店。確認していないが閉められた様子はなかった。

f:id:pancake_MP:20190413031051j:plain

f:id:pancake_MP:20190413031119j:plain

掲示物、駅名標、ワンマンの確認ミラー等だいたいのものが撤去されていた。

f:id:pancake_MP:20190413031144j:plain

一番近い踏切へ行ってみた。線路側へは入れないようになっていた。

f:id:pancake_MP:20190413031220j:plain

f:id:pancake_MP:20190413031243j:plain

遮断機も撤去されていた。

レースイ前に戻ると新夕張行きの代替バスが来た。これには乗らない。

f:id:pancake_MP:20190413031320j:plain

f:id:pancake_MP:20190413031343j:plain

石炭記念館始発で本社(鹿の谷)、南清水沢...とだいたい旧駅名が並んでいる。
このバスではなく、中央バスの札幌ゆきはこの10分後くらいに来た。高速バスと言いながらもほとんどは一般道を走り、高速入るのは野幌~札幌だけなので区間快速みたいな感じ。
栗山や南幌などで細かく拾ってゆくので高速入る前くらいには窓側がだいたい埋まった。

時計台前で降りて大通のゲマズでBDを受け取ってから地下鉄とバスを乗り継いで新居へ向かう。ちょうど新元号発表というタイミングだったので近所の公園でラジオを流して令和を聞いた。

 

【乗車録】

レースイリゾート→時計台前(中央バス[高速ゆうばり号]札幌駅前) 札幌200か31-88

大通→美園(福住ゆき) 9317

美園駅前→  (中央バス[83]西岡4-14) 札幌200か41-93