すぬぺ自由帳

気がついたらどこかにいるやつ。

2つのさいごの日 (3/31)

3限途中に「暇だし野球行くか」と思い立ってチケ取って4限終わりに札ド(楽-日)へ行ったら12回までもつれて12裏2死満塁で青山が杉谷にレフト越えを打たれて終わった。約4時間半なので講義と同じくらい観ていたことになる。f:id:pancake_MP:20190425234051j:image

 

平成最後の日と間違われたりもした3月31日。最後に列車に乗ろうと苫小牧から追分へ。 

f:id:pancake_MP:20190411224709j:image

岩見沢ゆきはキハ40-1701。塗装の剥離も目立つ。地震の影響で徐行するとのことで早来から追分まで3~4分ずつ、追分以遠には10分ほど遅れると案内。

伊田線とかそんな感じ。(28日の項参照)

追分には予告通り10分遅れて到着。

f:id:pancake_MP:20190411224705j:image

カーキャッチャー。勾配の下り側にある駅に置いてあるケースが多いらしい。使われる機会がよっぽどないのか取説つき。少なくとも使うことがないに越したことはないのだが車両逸走というケースはいまどきあるのだろうか。

柱番号○、△、□が自由席乗車位置と案内されるスタイル。苫小牧から来た夕張に向かうであろう客は10人ほどであったが、南千歳方面から追分止めの列車もやってきてスーパーおおぞら自由席待機勢は30人ほどに。ここからただでさえこの需要で混んでいる特急に乗るのだからデッキで立つことになった。持つとこもないのにフラフラ揺られること20分ほどで新夕張に到着。

f:id:pancake_MP:20190411224714j:image

民族大移動。新得方面からの特急がちょっと前に着いていることもあってこの特急が着いた地点で夕張行きはかなりの混雑。

f:id:pancake_MP:20190411224719j:image

なんとかデッキに乗れた。沼ノ沢ではふつうに車内収受したようだが、この混雑で前まで行くのは不可能と判断したのか南清水沢以遠各駅ではすべてのドアが開いた。夕張には4分遅れで到着。

 

この日の...というか滞在中(29~31日)の編成を夕張方から。

f:id:pancake_MP:20190411230015j:plain

キハ40-354(日高色)

f:id:pancake_MP:20190411230057j:plain

キハ40-1780(北海道の恵み)※30,31日のみの増結車

f:id:pancake_MP:20190411230034j:plain

キハ40-1783(3枚とも3/30撮影)

 

旧夕張本町駅近くのホテルへ荷物を置きに行く。ネットで取ったが予約が入っていないというトラブルがあったものの空き部屋があったので事なきを得る。

f:id:pancake_MP:20190411230450j:plain

道中で見つけたマンホール。動物は映画祭のマスコットキャラのシネガーというらしい。シネマ+タイガーでシネガー。なぜ虎なのか、イエッタイガー。

荷物を置いて何か撮ろうと思って昨日のファッション通り踏切へ。

f:id:pancake_MP:20190412115457j:plain9269D 鹿の谷~夕張 (2019-03-31)

めちゃくちゃ上スカにしたし年賀状に使うか(適当)

折返しは一般色を撮りたいと思って鹿の谷の跨線橋へ。人が入るスペースは何とかあった。

f:id:pancake_MP:20190411230730j:plain

f:id:pancake_MP:20190411230846j:plain

上2枚とも9270D 鹿の谷 (2019-03-31)

見送りの地元の方は新夕張を除いて各駅にいるようであった。また、この時間は鹿の谷にNHKの人が来ていた。

f:id:pancake_MP:20190411231426j:plain

鹿の谷駅舎。翌日この前をバスで通ったが、看板は外されていた。

f:id:pancake_MP:20190411231458j:plain

跨線橋。階段の手前がぬかるんでいた、というのはどうでもよくて橋の長さから夕鉄の拠点だった広さを感じ取ることができる。

f:id:pancake_MP:20190411232033j:plain

こちらは夕張線の複線遺構。なぜか左側1桁は外されている。

歩いていて思ったが、走っている車の2/3くらいがわ・れ(レンタカー)と道外ナンバーだった。管区の札幌、近隣の室蘭のほか、函館、北見、道外だと大宮、習志野etc...。

昼は夕張駅前の屋台村でカレーそばを食べた。大盛¥800。ささっと食べられるため炭鉱夫には人気だったらしい。

f:id:pancake_MP:20190412131052j:plain

屋台村(奥)。手前は乗車列形成。

f:id:pancake_MP:20190411232340j:plain

14:35分発(9272D)にあわせてJR主催でセレモニーが行われた。

f:id:pancake_MP:20190411232503j:plain

 夕張高の生徒2名とメロン熊から新夕張駅長と乗務員(のはず)への花束贈呈。

f:id:pancake_MP:20190411232533j:plain

新夕張駅長による出発合図。

これが済むと列車の間隔が少し開くのでチェックインしにホテルへ向かう。Wi-Fiが飛んでないと絶望して駅へ戻った。

f:id:pancake_MP:20190412125152j:plain

f:id:pancake_MP:20190412125306j:plain

こちらは16:16発9274D。徐々にひな壇ができあがりつつある。

少し寒くなったので豚汁を食べに入った。「とんじる」派だが「ぶたじる」と呼ぶ場合もあるらしい。ブラジルみたいな名前してんな。

f:id:pancake_MP:20190412125528j:plain

駅周辺をフラフラしていたらバスが来た。翌日のバス代替に伴う改正で石炭記念館まで延伸されるため社光ゆきもこの日まで。

f:id:pancake_MP:20190412130807j:plain

新夕張ゆきに乗る人々

f:id:pancake_MP:20190412130944j:plain

セレモニーの前後からメロン熊が周辺に出没し続けていたので列車と絡めて撮ってみた。全然ゆるくないのが意外にヒットしたらしい。

f:id:pancake_MP:20190412131632j:plain

列車が出ると静けさを取り戻す。もっとも、16:16発の後からは最終列車待機列があって賑やかであったが。また、商工会議所か実行委員会から18:30ごろに缶のコーンスープが200個限定で配られた。

f:id:pancake_MP:20190412132004j:plain

19:07、新夕張からの最終列車(9277D)が到着。このようにかなりの人だかり。

正月の新玉名ぶり2度目の報道陣ひな壇。

f:id:pancake_MP:20190412132434j:plain

マウントレースイの入口側から撮った図。このために数日前(遅くとも金曜)からホテルの駐車場が開放されていた。おかげでいつも広々としていたので人数が多くても基本的に窮屈とは感じなかった。

実行委員会物販の見送りセットに黄色のルミカが入っていたので草ブレードも一緒でしょというスタンス。どちらもきょうが最終日。

最終9288Dは少々遅れて19:32ごろ出発。「ありがとう」だけではなく「いってらっしゃい」もあり、また戻ってきてねということなのだろう。実際、そのような話をどこかでしていた記憶がある。

f:id:pancake_MP:20190412132332j:plain

実行委員会の皆さん。(出発後)

セコマで焼きそば弁当を買って帰って部屋でWUG曲BGMに現像していたら日が変わっていた。

 

【乗車録】

苫小牧→追分(普通/岩見沢) キハ40-1701

追分→新夕張(スーパーおおぞら3号/釧路) キハ282-2008

新夕張→夕張(普通/夕張) キハ40-1780

スキーは好きかー (3/30)

パソコンがめちゃくちゃ熱持って平均およそ80℃、MAX93℃という状況でこれも5年超使っていることに気付くここ数日。とりあえずスタバの新作を札幌出たついでに両方飲んだ(もちろん別の日に)。夕張の炭層火災も落ち着いたかと思ったが、注水がまだ続いており博物館HPからも緊迫した状況が感じられる。

 

小学校のスキー研修といえばハチ高原ですよね!!!きっとそうだと信じてます。なんなら弊大学(京都)のスキー実習もハチ高原という程度にはほかのスキー場に縁がない。というわけで小6以来およそ10年のブランクを経てやってまいしましたのは夕張のマウントレースイスキー場。

f:id:pancake_MP:20190409215617j:image

この日動いていたのは1,2番リフトと5番のゴンドラ。ビギナーで感覚を思い出せるといいくらいの気持ちで数をこなしてみる。

f:id:pancake_MP:20190409215626j:image

気分がよくなった狂ったのかはたまたテンアゲで謎の自撮り。酔って気分良くなってもだいたい誰か殴ってる気がするんだよなあ(いつもごめんね!)。というかテンアゲが2012年JC,JK流行語5位という事実に古い人間になったなと感じる。

f:id:pancake_MP:20190409215630j:image

宿泊者パックでチェックインの日とアウトの日と使える券。念のためリフト券も買ったが使わなかった。レンタルのウェア上下、ブーツ、ヘルメット、板、ストックで8000円とゴーグルが600円。

f:id:pancake_MP:20190409215622j:image

ビギナー1リフトを降りたところ。最初は平坦だが最後のほうはまあまあの角度になっている。

こっちは2リフトを降りたところ。乗っている間に旗の間を滑っていくやつ(スラロームだっけ)とかモーグルみたいにコブを滑る練習をしているところを眺める。

f:id:pancake_MP:20190409215638j:image

2リフトからワイディングロードを下っている途中に見えた市住(もともとは炭住)。

1回だけゴンドラでてっぺんから滑ったり中級コースへ行ってみたがコントロール効かなさそう手前の状態までいったのでずっと初心者コースを滑っていた。時期のこともあるのか土曜というのに人もそう多くなく練習には最適だった。5時間半で33㎞滑ったらしい。時間あたり6㎞か。

終了までいようと思ったが疲れたので15:30ごろに滑り終えて駅のほうへ。少しすれば列車が来るような人の集まり方だったので待ってみた。

f:id:pancake_MP:20190409230933j:plain

16:02ごろ入線。

f:id:pancake_MP:20190409231007j:plain

新夕張側HM。汽車の図柄

f:id:pancake_MP:20190409231308j:plain

夕張側のHMはメロンをイメージした図柄。

f:id:pancake_MP:20190409230911j:plain

見送りの風景。ホーム中央で腕章をしている人はおそらくJR関係者。

思ったほど日も落ちていなかった&思っていたほど人が多くなかったのでお手軽に撮影へ出かけた。夕張駅と各踏切には列車通過/到着時刻が近くなれば警備員がハイエースに乗せられ配置されていた。

f:id:pancake_MP:20190409231434j:plain

9275D 鹿ノ谷~夕張 (2019-03-30)

17:30ということもあって日はまあまあ傾いてきていたがまあ何とか。待っている間に改正で終列車で出た場合の追分接続ができないようになっていることに気付いて17:50の列車で夕張を出ることにする。どこがファッション通りなのかわからないファッション通り踏切から夕張駅までは徒歩10分そこそこだったので通過時刻は定刻より遅かったが列車に乗ることはできた。

夕張からの列車も思ったほど多くは乗っていなく、ロングシートだったが座ることができた。混雑の具合で言えば肩と肩がぶつかるかぶつからないかといった具合。鹿ノ谷~清水沢では特別放送が入った。

f:id:pancake_MP:20190409231458j:plain

多客で5分くらい遅れたものの新夕張に到着。

f:id:pancake_MP:20190409231551j:plain

キハ40-1780(北海道の恵み)は2両目に増結。

f:id:pancake_MP:20190409231525j:plain

サボ

f:id:pancake_MP:20190409231352j:plain

千歳ゆきは2両。これまた混んでいたがボックス窓側に座れた。1両分くらいの人は夕張へ戻っていったのだろう。

追分から南千歳の一駅に24分かかるのおかしいやろwと思っていたら信号待ちの停車があり、新夕張から南千歳までは55分だった。苫小牧ゆきの普通列車は石勝線の特急接続をするとか何とかで5分ほど遅れる。721系で乗車位置にちょうどUシートがきたのでラッキー。普通列車であればUシート料金が発生しないのはあまり知られていないのか他より少し空いていた。

 

【乗車録】

夕張→新夕張(普通/新夕張) キハ40-1763

新夕張→南千歳(普通/千歳) キハ40-1783

南千歳→苫小牧(普通/苫小牧) サハ721-4204

金曜日のフライト (3/29)

なんだか淋しい週末を なんでもいいから埋めるっていうのはちがう\ナンダカチガウー/っていう感じの週末を札幌来てから毎度のように過ごしているような気がする。今日は宛行もなく開拓の村へ行ってみた。覚えてたら連休明けくらいに書くと思う。

 

全10日くらいで一番何もやっていない金曜日。電車乗って飛行機乗ってバス乗っただけ。

9時前に起きてまずは地下鉄で空港へ。福岡は都心から空港が近いが運賃は妙にする。

これまた直前にリニューアルされて動線がめちゃくちゃ改善されたらしい。初めてきたので以前がどうだったのかは知らない。

フライトは正午前だったので空港内でごまカンパチ丼を食べる。ごはんのお替りもタダなので高菜と一緒に食べた。1000円ちょっとで丼ぶり+無限にご飯を食べられるのは得なのかもしれない。

意外としっかり土曜日のフライトをしている記憶はない。今回然りだいたい金曜だったりする。

海シャッター東芝GTOに続いてよからぬことに気付く図。神戸高速の旧発車ブザーが七つの海のコンサートの最後ぽいのも後で気付く。

f:id:pancake_MP:20190408113101j:image

実質フェリーフライトのような面もあるのか772はスカスカ。逆行は738らしいしそっちのほうが適正。

新千歳に着いて明日のきっぷを買った後、バスまで1時間ほどあるのでうろちょろするが寒い。福岡が20℃くらいで千歳が0℃くらいだしそらそうよ。

千歳から夕張まではホテルのバスで移動。3日くらい前までの事前予約制で冬季(スキーシーズン)限定、宿泊予約の確認もされるので用のない人は乗れない。

f:id:pancake_MP:20190408120749j:image

インバウンドにありがちなナンバーのバスで約1時間で到着。室蘭本線沿いまではこんな感じに一面真っ平だがそこを過ぎると山の中に入っていった。バスは三菱のMS86だったがけっこうぼろいのか車内窓周りを中心にテープで補修した痕があった。

着いたらちょうど列車(9274D)が止まっていた。ダイヤ改正後は全列車臨時扱いでダイヤを組んでいる関係か幕も臨時。HM掲出はこの日からで、サボは改正の16日から。

f:id:pancake_MP:20190412134855j:plain

夕張駅(31日撮影)

この日の終列車(9278D)の見送りは少なめ。

f:id:pancake_MP:20190408150134j:plain

夕張側からキハ40-354(日高色)+キハ40-1763(北海道一般色)だった。

マウントレースイにておまけ。わかる人にはわかる。

 

【乗車録】

博多→福岡空港(普通/福岡空港) モハ305-105

FUK→CTS(NH289) JA717A

新千歳空港国内線タ→マウントレースイ(夕張リゾート空港シャトル) 札幌200と88-88

筑豊炭鉱資料館めぐり (3/28)

ノートルダムが燃えたと思えば夕張の石炭博物館の模擬坑道内から出火。今季どこかしらで行こうと思っていたけどもたいへん厳しい状況で3月の特別開館のうちに行っておくべきだったと後悔。実際、スキーシーズンはあと1週、夕張支線はあと数日で廃線という中で後回しになるのは仕方なかったうえ、現地に入ってから特別開館ということを知った。いつまでもあると思うなというやつである。模擬坑道とはいえ実際に炭層が露出していてそこから燃えたらしい。

 

この日は筑豊の炭鉱関連の博物館を一日かけて回ろうと7時過ぎの電車で折尾へ向かう。max9両かと思っていたが415系12両の快速が走っていてびっくりした(こなみ)。乗った快速はラッシュ逆方向なのか割と空いていた。折尾の構造は相変わらずよくわからない(最近地下化されたらしい)けど7番線から出た列車は一旦地下に潜って小倉方面に延びる線路(A,Bホーム)と合流した。直方までは約20分、バス停はロータリーではなく階段降りてUターンしたところのローソンに隣接。宮若市役所行きはおおよそ時間1本で石炭博物舘までは40分ほど。

f:id:pancake_MP:20190406222059j:plain

赤のミライースとともに。

f:id:pancake_MP:20190406224303j:plain

f:id:pancake_MP:20190406221347j:plain

近くにいたノラ。めっちゃ近寄ってきたがガリガリ引っ掻いてきて痛かった。

話し手のおじいさんの小さいころは貨車に釘を轢かせて小刀を作っていたとか、貨車にぶら下がって踏切の渡り板に足をぶつけたアザが親にバレて怒られたり。炭鉱の機械工として閉山まで従事する。人口は多い時に5万2千(現在は合併して3万ほど)。掘削による地盤沈下によってできる池でときどき溺死事故があったらしいが、ボタ(ズリ)山の石を使って凹みを埋めたという。この人は手先が器用で私設学校の1/150や炭住の模型を作っている。記念舘もその学校を使っている。貝島炭鉱や貝島太助翁の功績についての展示がメイン。

f:id:pancake_MP:20190406223534j:plain

アメリカロコモチーフ製造所製のCサイドタンク機関車。主に充填する土砂を運搬していたようだ。

f:id:pancake_MP:20190406223946j:plain

現在でも現場で使われている"ご安全に"もここ発祥。

f:id:pancake_MP:20190406224509j:plain

炭層の図。ボーリング調査の結果だろうか。

f:id:pancake_MP:20190406224434j:plain

バス停から記念舘までの道もこんな感じに炭住でしたよオーラが半端ない。

来た道を戻って今度は直方の記念館へ。駅から徒歩10分前後。

f:id:pancake_MP:20190406223108j:plain

道中の跨線橋にて。直方の構内はだだっ広いのだが理由は後でわかった。

f:id:pancake_MP:20190406224911j:plain

さび止め塗装中はコッペル32。

筑前4氏(麻生・貝島など)・豊前1氏(安川)によって筑豊石炭鉱業会が発足したために筑豊という語ができたことや粉塵爆発のこと。ガス検知器よりもカナリアが敏感だとかいう話(地下鉄サリン事件が例)。炭鉱切符を配給し現金化には手数料を3割取って労働者を囲い込んでいたなど。館長は国鉄マンであったため、直方が扇の要となり沢山の炭車をつないで若松から船で出荷されたり、八幡製鉄所に運び込んでいたと炭鉱以外とくに交通面のことも説明が詳しくあった。また、石炭鉱業会でレスキュー隊を組織し、練習坑がこの中にあったりかなり貴重なものの展示も多い。産業近代化で論文を書く学生が多く訪れるというがお世話になるのかもしれない。写真右側が筑豊石炭鉱業組合直方会議所の建物。

f:id:pancake_MP:20190406225236j:plain

C11-131、後ろはセム1。館長が初めて乗務した機関車らしい。

f:id:pancake_MP:20190406225301j:plain

練習坑の説明書き。左側は炭鉱で使われていたディーゼル機関車

f:id:pancake_MP:20190406230047j:plain

建物内は炭鉱の地図や直方駅配線図、別館には先述の貝島、安川、麻生各氏や組合に関する資料。麻生グループのHPにも紹介がある。

f:id:pancake_MP:20190406221414j:plain

直方駅構内に3つあった転車台のうち1つを再利用した跨線橋。1つは現役、もう1台は不明。

こんどは田川市の石炭博物館へ向かうべく平成筑豊鉄道へ乗る。直方の博物館で既に列車を1本遅くスライドさせているためけっこうシビアな時間。

f:id:pancake_MP:20190407104123j:image

NDCのディーゼルカーだった。だいたい3セクにいる新潟トランシスってこの顔してる気がする。伊田線は石炭輸送で複線化された名残で現在もその状態になっている。

\田んぼの様子が/豊作!豊作!

だいたい35分で田川伊田に到着。後藤寺行きは50分後なのでその間に田川市石炭博物館へ駆け足で向かう。

f:id:pancake_MP:20190407144024j:plain

井田川工業所伊田坑模型

f:id:pancake_MP:20190407144102j:plain

炭鉱の断面図

f:id:pancake_MP:20190407144757j:plain

採炭光景

視覚的資料がかなり多い。

f:id:pancake_MP:20190407144341j:plain

屋外には明治~昭和期にかけての炭住を模した建物が並ぶ。

f:id:pancake_MP:20190407145321j:plain

また、作業機械の展示も豊富。

2階には画家の山本作兵衛の展示もあったが撮影禁止のため割愛。

f:id:pancake_MP:20190407145147j:plain
館外には竪坑櫓とケージも展示されている。

伊田から一駅だけ乗って後藤寺で乗り換えて新飯塚を目指す。飯塚の博物館は空いているはずだが臨時休館だったので次回へ持ち越し。篠栗線の快速で博多へ戻り、天神方向へプラプラ歩くがキャナルシティ行ったことないよなあとなり足を延ばす。大道芸をやっていたので眺めたあと、腹が減ったので一蘭へ。全国どこ行ってもあるっちゃあるが突っ込んではいけない。

f:id:pancake_MP:20190407104140j:image

ココイチの甘口しかダメなので辛みはよけまくる。

再び天神まで歩いてなんとなくサンマルクに入った。

 

【乗車録】

博多→折尾(快速/小倉) クモハ813-301

折尾→直方(普通/博多) クハ812-1003

直方→石炭記念舘前(西鉄バス[10]宮若市役所) 筑豊200か419

石炭記念舘前→直方(西鉄バス[10]直方) 筑豊200か417

直方→田川伊田(平成筑豊鉄道/行橋) 407

田川伊田田川後藤寺(普通/添田) キハ147-90

田川後藤寺新飯塚(普通/新飯塚) キハ140-2041

新飯塚→博多(快速/博多) クハ816-1008

神大丸前→博多駅(西鉄バス[キャナルシティライン]博多駅) 福岡200か39-79

ブロッコリーヌ (3/27)

今日は二度寝して起きたらちょうど2限始まる時間でしたこんばんは。おとなしく諦めて空いているうちに食堂へ出かけました。ところで昼間クソ暑くなかったですか?札幌は21℃くらいあったらしく体育で汗だくになりました。 

 

超健康的に7時起床。5時に起きたり9時に起きたりしてたしまあ多少はね。 

すぐに朝食を食べに行く。左の鍋は湯豆腐、右の鉄板は見切れてる練り物と鮭を温める用。奥の木箱の中もお漬物で見切れている椀物は温度卵。久しぶりに朝をしっかり食べてお風呂へ行った。

同じこと言ってるし奥野香耶さん説ある。実際は豊かな自然らしくブロッコリーではない。

地階の風呂の片方が改修のため朝と夜で交代制になっていたために起きた悲劇。違う色の浴衣があっておかしいとは思ったが。

ちょっとしたハプニングはあったが、9時すぎにチェックアウト。予定では9時ごろのバスで島原港へ行って大牟田行きの高速艇に乗る予定だったが、1本遅らせて10:30頃のバスで下りることにした。チェックアウトするときにフロントにシールセットがあったのでもらって帰る。

f:id:pancake_MP:20190407184341j:plain

環境省の詳しそうな感じのおじちゃんによる案内板。小浜と雲仙と島原は同じマグマだまりからできてるでっていうことが書いてある。

f:id:pancake_MP:20190407184424j:plain

地獄の少し奥のほう。

f:id:pancake_MP:20190407184448j:plain

これは手前のほう。店番じゃなくてそれっぽく偽装してるだけだと思う。

f:id:pancake_MP:20190407184515j:plain

まあまあ奥のほう。強酸性の土壌で植物が生えないから地獄らしいのだが強いのは生えてくるらしい。

f:id:pancake_MP:20190407184553j:plain

ホテルに戻るために入った奥の奥のほう。周りはふつうに大自然が広がる。

いい感じに時間をつぶせたのでホテルに荷物を取りに戻って島原行きのバスで下ってゆく。外港でもBT(本社前)でも島原駅でもよかったが、横にイオンがある島鉄BTで下りることにした。

小学校のちっさいころに、さかなさかなさかな~さかなーをーたべーるとーって言ってたし15年くらい前でしょ。

f:id:pancake_MP:20190407190541j:image

イオンにも行かなければ近所にもイオンがない人、ついにWAONを使う。札幌の居宅の近所には逆にイオン系列しかないから毎日のように使ってる。

f:id:pancake_MP:20190407190357j:image

駅へ向かう道中にあった何か。飲んでいいらしい。

圧倒的NDC。翌日も乗ることになる。本社前から多比良町までは20分ほど。途中にエレナ島原店が見えた(気がする)。

13:05発の船で熊本は長洲へ渡る。結局熊本戻ってるじゃねえか。

f:id:pancake_MP:20190407190425j:image

デッキで食パンを撒いていた人がいたのでめちゃくちゃカモメが船を囲んでいた。神姫バスのロゴみたいなの撮れそう(小並)

食べなかったけど45分の航路でも冷食自販機があるのは珍しい気がする。

長洲港には55分に着岸。なんとなく歩いて長洲駅へ向かうが、25分かかって電車ギリギリだったのでできるならタクシー拾ったほうがよい。

f:id:pancake_MP:20190407213451j:image

よくわからないけど金魚と鯉が有名らしい。

長洲から大牟田までは10分ほど。

f:id:pancake_MP:20190407213446j:image

大牟田駅西口の204号。数日前(3/23)に移設されたようで状態は良好。

ここからイオンモール行きのバスに乗るが、基本的な客層は春休みの中高生といった感じだ。イオンモールで降りて少し歩いたところに大牟田市石炭産業科学館がある。ここも1週間ほど前(3/20)に改装を終えたばかり。

f:id:pancake_MP:20190407185226j:plain

火薬見本

エレベーターで降りると掘削機械の展示。人感センサーがあるのか勝手にしゃべって勝手に機械が動く。

f:id:pancake_MP:20190409172715j:plain

ビートルみたいな見た目をしてるけどこだま号(だったはず)。東芝製。

f:id:pancake_MP:20190407184909j:plain

ドラムカッター

f:id:pancake_MP:20190407184934j:plain

自走枠。しっかり東芝製機関車を除けば三井三池製作所で統一されている。

1時間少々見て回った後大牟田駅までバスで戻って徒歩20分弱で宮浦石炭公園へ。

f:id:pancake_MP:20190407185442j:plain

f:id:pancake_MP:20190407185503j:plain

f:id:pancake_MP:20190407185523j:plain

ざらしだが斜坑に続くレールや人員輸送に使われた車両が置いてある。

f:id:pancake_MP:20190407185541j:plain

1,2枚目の看板の横らへん。炭車に石炭を積み込む重機や炭車そのもの、右側は材料輸送に使われた坑。

帰りは西鉄電車で。クロスシートのを期待したがなんかやばそうなやつ。

f:id:pancake_MP:20190407190508j:image

下2桁が34だしもしかして...と思ったらあった。阪神の5331Fもなくなったし阪急のTo車に3334っていうのがいたような... 

1時間くらいで天神に到着。

f:id:pancake_MP:20190407190524j:plain

圧倒的六甲道(高槻もそうだけど馴染みがない)

天神まで来たし会場推ししに行ってみた。これも正月のリベンジ。

まさかのやってるしスキマスイッチという。初めてのツアー参戦はここだったので懐かしい。2枚目歩道で列形成しとったな。

天神を歩いていたらケツの肉が取れる夢を見られるバスを見て、近くの停留所からバスに乗って博多へ向かった。

 

【乗車録】

雲仙お山の情報館→島鉄BT(島鉄バス/島原駅前) 長崎200か12-19

島鉄本社前→多比良町(普通/諫早) 2552A

多比良港→長洲港(有明フェリー) 有明きぼう

長洲→大牟田(区間快速/鳥栖) クハ815-8

大牟田駅西口→イオンモール大牟田(西鉄バス[8]イオンモール大牟田) 久留米200か13-53

イオンモール大牟田大牟田駅西口(西鉄バス[8]大牟田駅西口) 久留米200か13-53

大牟田→福岡(特急/福岡) 5334

天神北→博多駅(西鉄バス[5]博多駅) 福岡200か15-28

雲仙(おんせん)(3/26)

隔日サイクル更新で土曜にこれ上げようと思ってたんだけど、帰宅が遅くなった&推しが卒業という人が生まれてしまったため延期となっておりました。推しが解散した先輩(?)として特にどうということは話してないです。

雲仙と書いて「おんせん」と読む時代もありました。

 

4時まで飲んで無事に9時前に起床。

40分ごろの市電で駅のほうへ。島原のほうへ渡るなら熊本港から船に乗れば単純明快だが遠回りして対岸の長崎を目指す。

f:id:pancake_MP:20190407154510j:image

親の顔くらい見た文字列。
f:id:pancake_MP:20190407154505j:image

よぴぴ~(被ったブロマイドを持ち歩いてたというだけ)

まず乗ったのはAシート、もといA列車。列車がAなのでシート以外にもサービスいろいろ。

えぇ列車なので朝からハイボール飲みました(えぇ…)。明け方までどんだけ飲んでたんだよ。

こんな感じに飲める。ほかチョコとかも売っている。三角までの乗車時間は40分程度と短め。三角についたら船に乗り換えるのが鉄板らしいが時間の兼ね合いでバス移動。

リエッセⅡだったが、乗客2人であることを考えるとまあ妥当なのかもしれない。

f:id:pancake_MP:20190407160918j:image

三角西港は明治中期には三池炭鉱より運ばれた石炭の積み替えのほか、貨物の集散地として栄えた。しかし、港として使いにくく東港へ機能移転が進んだ結果、明治期のまま港が現存し世界文化遺産へとなった。(宇城市HP参考)

バスはまあまあの乗車率で到着し、三角から本渡方面へ。乗り物酔いした子供や病院へいくであろうおばあちゃんなどいろいろな人が乗っていた。

f:id:pancake_MP:20190407160922j:image

松島で休憩を挟む。所定3分だが10分ほどとまっていた。

本渡へは1時間20分ほどで到着。

乗継の20分少々でお昼買いにコンビニへ。このパッケージのらくのうコーヒーは見た記憶がない。

本渡から鬼池行きはリエッセ。だいたい25分ほどで到着。

f:id:pancake_MP:20190407160955j:image

口之津行きのフェリー。だいたい30分のうちにさっき買ったパンを食べた。テレビはセンバツをやっていたがほとんど見る暇もなく口之津に着岸。

諫早行きのバスは10分ほどの接続でけっこう便利。トップドアのバスが来てたまげた。小浜の手前の西登山口までは40分少々。

f:id:pancake_MP:20190407160212j:plain

こんな海沿いを走ったり眺めるのが楽しい路線。奈半利~甲浦のバスもこんな景色だっただろうか。イギリスのセブンシスターズとかにも似ている。

f:id:pancake_MP:20190407172246j:image

小浜も温泉地で至る所から湯気が上がっていた。バスの時間の都合上入れなかったので次回持越し。

次のバスも島鉄だし同じ色のやつやろと高をくくっていたら長崎バス島鉄って書いただけのバスが来て??????7となる。どうやらおさがりらしい。さっきまでとは真逆で山道をくねくね走っていく。雲仙までは20分くらい。バスを降りた瞬間から硫黄臭がすごい。

f:id:pancake_MP:20190407161037j:plain

雲仙に着いてまず寄ったのは大人気スポットの観光協会。正月に行こうと思っていたけど北陸新幹線に止められてパーになったので初めて。丁寧にゴリ押ししてくる感じまあまあすき。3月のイベントのときに桑ちゃんが書いたノートもあるので是非。

気を取り直して簡単に雲仙を散策。

f:id:pancake_MP:20190407160412j:plain

なんか湯気がモクモクしているところへ向かってみたらそこだけ駐停車禁止の標識が。ここが雲仙地獄らしい。

f:id:pancake_MP:20190407160426j:plain

見るからに灼熱地獄だから入ろうとは思わないよなあ。奥に見える管は旅館に温泉を送る配水管だと思う。

f:id:pancake_MP:20190407160358j:plain

このエリア内にはまあまあの数のノラ猫がいる。荷物が大きかったので奥までは入らず軽く散歩してからホテルに向かった。

羊羹とジャスミンティーだった記憶。館内500円サービス券もついてきた。部屋も8畳かと思っていたら12畳だった。ひとりで使う分には充分広い。みんなだいすきあの空間もある。

時間になったので夕食を食べに下のフロアへ。個室で表札が立っているので場所はわかりやすい。

 

魚類というか鯛中心のセトリ。しゃぶしゃぶはオプションで気分転換にポーク出てくるのがよい。

f:id:pancake_MP:20190407161128j:plain

しゃぶしゃぶ。

f:id:pancake_MP:20190407161202j:image

〆の鯛めし、おこげの部分もちゃんとあってうまいし完食。気分がよかったので熱燗もある。24時間で何杯飲んでんだ。記憶がないとかいうよりかは数えてないのでわからない。

食後は外の銭湯へ繰り出そうとしたが、街灯が少なく怖かったので昼間来たところをもう一度ふらつく。雲仙のバス停のへんに共同浴場があったはずだがこの日は定休日だったのでホテルに戻ってから内風呂へ行った。

f:id:pancake_MP:20190407160555j:plain

夜の雲仙地獄もなかなか迫力がある。懐中電灯必須だが持ち合わせの草ブレードでもなんとかなった。

f:id:pancake_MP:20190407160537j:plain

湯気注意

f:id:pancake_MP:20190407161241j:image

部屋のエアコン。温泉地対策重防錆仕様なんてあるんですね。 実際部屋の中まで硫黄の匂いがしてくるので特装エアコンが置かれるのも納得。

 

【乗車録】

辛島町→熊本駅前(A/田崎橋) 1207

熊本→三角(A列車で行こう1号/三角) キハ185-1012

三角産交→三角西港(産交バス/さんぱ~る) 熊本200あ467

三角西港→本渡BC(産交バス[あまくさ号超快速]産交車庫) 熊本200か991

本渡BC→鬼池港(産交バス/鬼池港) 熊本200か294

鬼池港→口之津港(島鉄フェリー) フェリーあまくさⅡ

口之津→西登山口(島鉄バス/諫早駅前) 長崎22か25-01

西登山口→西入口(島鉄バス/島原駅前) 長崎22か28-34

酒に誘われて (3/25)

今日は木曜らしい。ブログは終わってもラジオはあるし、何ならマイラジ明日らしい。第二章という新生活も本格的に講義が始まって、思ってたより意味の解らないものばっかりで1限を犠牲にして履修を切って回避したりと穏やかでない立ち上がり。関西と北海道じゃ全然違うし大学が大学らしくて慣れぬ日々。タイトルは「さそわれて」ではなく「いざなわれて」のつもり。

 

正月雲仙行けんかったし福岡に研究調査しにいかなダメやし4月から北海道やし、といって分けると飛行機代高くなっちゃうし...せや!ということで生まれてしまった限界7泊8日のムーヴ。

f:id:pancake_MP:20190406154122j:image

まず向かったのは伊丹空港。毎月のように使っていたが次の帰省は神戸発着だししばらく予定はなさそう。

f:id:pancake_MP:20190406154043j:image

3月25日、高槻のやよい軒に行列ができるこの日。レジ番は841。???「高槻さんかわいい」

いつものように伊丹の混雑で10分程度遅れてのフライト。満席で飛んでいたが、横のおじちゃんがおしゃべりだったので今あの辺飛んでるんじゃないですかねとか適当に話をした。空港からはいつも通りバスで街へ降りる。

f:id:pancake_MP:20190406154035j:image

た だ い ま

  実 家 の よ う な 安 心 感

PARCO閉まるらしいしそれまでにまた行きたいところ。

f:id:pancake_MP:20190406154104j:image

ちょっと歩いて監物台樹木園へ。わたしの樹の「わ」のWです。この時期は定休の月曜でも開いている。

f:id:pancake_MP:20190406154143j:image

開花時期が5月ということは2番歌詞の5月と母と~につながるのでは。

f:id:pancake_MP:20190406154126j:image

ソメイヨシノだけど前3字隠せばアオヤマって入るんじゃないのという意味わからない発想。

f:id:pancake_MP:20190406154027j:image

ちなみに3/25現在でこんな具合。城の復興状況も進歩があったようで伝統工芸館側の石垣に大掛かりな補強骨組ができていた。

f:id:pancake_MP:20190406154054j:image

その流れで寄り道。(3-2)月5日なのに少ないなあとか変なことを言ったり。

昼のバスで通潤橋でも行こうかと思っていたが、温泉3日連続もいいんじゃんやろうよとなって11時の鹿児島行きのバスで人吉へ向かうことにした。

f:id:pancake_MP:20190406154039j:image

ちょっと時間があったのでアーケードへ足をのばす。denkikanもヤシの樹もちゃんとあった。

ヒュンダイのバスで人吉へ。しかし市内でかなり渋滞したこともあって15~20分遅れで高速へ入り、人吉の手前の山江SAで休憩して人吉には15分遅れで到着。市内循環バスを逃したので30分くらい歩いて駅のほうを目指す。うなぎ屋が月曜休というのを着いてから気がついたので物産館の食べ物屋に入った。

f:id:pancake_MP:20190406154151j:image

だご汁定食。ケータリングで出てきたという話があった記憶があるが、置いている店をなかなか見つけられずやっと実食。産交の営業所にバスの時間を繰り上げてもらった後に交通安全の礼も兼ねて青井さんへ。

f:id:pancake_MP:20190406154159j:image

素材と使用例。

f:id:pancake_MP:20190406154048j:image

2か月半ぶりくらいにおみくじを引く。行く先利益はあったのだろうか。

f:id:pancake_MP:20190406154147j:image

pancake-mp.hatenablog.com

反射的に城址へ行くが、ここのことはこれの最後のほうを見たらだいたい書いてある。ボイスサンプルで勉強しような。

f:id:pancake_MP:20190406154031j:image

温泉へ入ろうということで芳野旅館へ。水色方面のオタク御用達な名前をしているが、内風呂も露天も4人ぐらいが限界の大きさ。湯量で適正化したらこうなったらしい。

f:id:pancake_MP:20190406154134j:image

交差点に鎮座するきじ馬。少し雨が強くなったので駅で雨宿りして適当な時間にインターのバス停に向けて行軍を開始。途中のローソンでからあげクンを買った。

f:id:pancake_MP:20190406182953j:image

線路をくぐったらちょうど列車が通っていった。

バスは18:20ごろだったが18時ちょうどくらいに着いたので少し待った。B&S新八代行き、宮交のなんかが先に来た。

f:id:pancake_MP:20190406154138j:image

帰りのバス(山江SA)。交通センターには10分ほど遅れて20:10ごろ到着。ヒュンダイの3点式シートベルトは動きが固い。

9時ごろ龍の家に食べに行く。

f:id:pancake_MP:20190406154108j:image

いつもの、替玉足して¥1980。まあまあいい値段になる。熊本ラーメンのスープは飲物。

f:id:pancake_MP:20190406154059j:image

歩いてたら見つけた。名前だけはめちゃくちゃ気になる。青山の湯(半田市)といい勝負してる。

そして2軒目にはある人がおすすめしていた日本酒専門店へ。

f:id:pancake_MP:20190406212324j:image

草ブレードのこの人。店長のお兄さんも「あぁWUGの!」っていう感じだった。

f:id:pancake_MP:20190406154113j:image

30分1080円の上限3240円でおつまみの持ち込み自由。買いに行くのもOK。ちなみに申し訳程度にビールサーバーもあった。

f:id:pancake_MP:20190406154118j:image

この日は月曜だったが、週末しかいないらしい店長がいてハムの原木を切ってくれた。どうやら初出勤のバイトさんがいた関係らしい。彼女も的確にこれとかいいんじゃない?と勧めてくる。

1時間くらいで帰ろうかと思っていたが、隣の卓の送迎会2次回の看護師御一行のお姉さんに混ぜられて飲むことになった。どうも一人で若いやつが飲んでるのは珍しいと話しかけたらしい。まあ日本酒の店に21の男がいたら不審なのはそう。関西から来た〜というとシティーボーイと持て囃された。病院現場の事情をアテに酒を飲む。脳外科の人(だったと思う)が、「ハサミというものを患者さんは認知はするが、それの使い方がわからない」と言っていたのが印象的。固定概念を感じる。1時前に会計をして3軒目に誘われ、断る理由もなく楽しいので男女2人ずつで行くことに。こういうのに誘われるのってまさに一期一会だしできるだけ振り回されていきたい所存。

熊本弁すこ。

という訳で3軒目は焼酎バー。主に球磨焼酎だが、天草のものや県内各地の珍しい銘柄も扱っている。ここには誘ってくれた姉さんの知り合いが2人いたので男2女4の態勢。

f:id:pancake_MP:20190406154155j:image

マスターひとりで切り盛りしているらしい。一杯飲んだところで男の人が妻を待たせていると帰宅、ハーレムカウンターになる。

心の叫び

中央に座らされ深夜らしく性事情の書けないような話とか、彼氏がどうこうとか自分の女友達事情とか。強いて書けることがあるとすれば早く卒業しといたほうがいいということ。世間一般ではそういうものらしいので大変勉強に。3時ごろに先にいた2人は帰っていった。その後はマスターと何しに来たの―みたいな話をするが、ほとんど誘ってきた姉さんがしゃべってしまうので横槍入れる体で話を進める。そんな状態が小一時間続いて、「飲み代いくらかわからないけど遠方のお客さんだし」って奢ってくれました。ありがとうございます。4時に解散して9時前に無事起きることができた。

f:id:pancake_MP:20190406154130j:image

古蔵という古酒。独特の味わいのする米焼酎らしい。

 

【乗車録】

  →十三(普通/梅田) 8508

十三→蛍池(普通/宝塚) 9563

蛍池→大阪空港(大阪空港ゆき) 1623

ITM→KMJ(NH521) JA841A

熊本空港→通町筋(産交バス[リムジン]西部車庫) 熊本22か27-91

交通センター→人吉IC(産交バス[きりしま号]鹿児島本港) 熊本200か12-82

人吉IC→交通センター(産交バス[きりしま号]西部車庫) 熊本200か12-79